松本春男の綾瀬市レポート

マスコミには載らない綾瀬市の大事な情報を随時お届けいたします!

共謀罪が強行採決

2017年06月16日 | 国政
 自民・公明・維新が強行採決を行い、共謀罪が可決しました。 
 参議院法務委員会の審議を一方的に打ち切り、本会議採決に持ち込む「中間報告」という”禁じ手”を使って異常な強行採決を強行しました。 
 与野党の攻防は14日から夜通しで15日午前7時半すぎまで続き、日本共産党、民進党、自由党、社民党の4野党は安倍内閣不信任決議案の共同提出をはじめ、安倍政権の横暴な国会運営に一致結束して正面から立ち向かい徹底抗戦をしました。
 国会周辺では、国民が国会を取り囲み増した。
 

 加計学園と安倍首相の問題では、政府が怪文書としていた文書が、文部科学省内で最初は存在しないと逃げていたが、国民やマスコミの声を無視出来なく、ようやく存在を認めました。
 国会は今日で閉会しますが、共謀罪の強行採決や、安倍首相が森友疑惑や加計学園など、首相の友人の利益を得るため、圧力をかけていたことが明白になりました。
 これらの問題に対して、国民の態度を示す場所は、東京都議選が一番近い選挙です。皆さんのお知り合いに声をかけて下さい。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 松本春男の一般質問は、今日... | トップ | 「綾瀬市と富士山」をテーマ... »
最近の画像もっと見る

国政」カテゴリの最新記事