松本春男の綾瀬市レポート

マスコミには載らない綾瀬市の大事な情報を随時お届けいたします!

危険なオスプレイが、空母連絡用に配備と米海軍文書

2016年10月16日 | 爆音基地問題
 25年までに配備 横須賀にも 米海軍文書
 米海軍が公表した戦略文書「海軍航空展望2016-2025」で、原子力空母艦載機部隊の一部である連絡機C2グレイハウンドに代えて、垂直離着陸機「CMV22オスプレイ」を20年から配備する計画であることを明記しました。
 25年までに交代を完了する計画です。
 米海軍横須賀基地を母港とする原子力空母ロナルド・レーガンの艦載機部隊に2機のC2が所属しており、オスプレイに交代する見通しです。国内にはすでに海兵隊のMV22(24機)が配備されており、17年から配備される空軍のCV22(10機)に加え、海軍への配備が進む異常事態です。
 空母艦載機部隊の連絡機は国内の基地と洋上の空母を頻繁に往復します。空母が日本近海を航行する際、オスプレイが国内各地の基地で離着陸を繰り返す危険があります。
(2016年10月16日赤旗記事抜粋
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 動物フェスティバル神奈川2... | トップ | ドキュメンタリー映画「ザ・... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む