松本春男の綾瀬市レポート

マスコミには載らない綾瀬市の大事な情報を随時お届けいたします!

道の駅おおたの勉強会で、宣伝としてヤマトイモを戴きました

2017年02月24日 | 日記
 2月21日に市役所6階視聴覚室で、「道の駅おおたの管理運営手法について」の勉強会がありました。
 講師は、「道の駅おおた」管理運営団体の理事長長さんが話されました。
 実践的なお話しで、「ここだからできる・ここでしかできない」など勉強になりました。
 参加者で職員以外の勉強会参加者に対して、ヤマトイモを1本づつ戴きました。
 今日の朝食で、すりおろしてて戴きました。粘りけが強く箸でつまんで持ち上げようとしたら、お椀から中々離れてくれません。白い色で食べてから口の中にヤマトイモの甘い香りが残っています。
 ヤマトイモは季節に関係しないで、高値で売れてリピーターがいるとの話が理解出来ました。
 今朝、担当職員に直ぐに電話しました「自分たちは食べて申し訳ないが、職員の方々は自前で購入して食べてみて下さい」とお願いしました。
 綾瀬市で、市役所北側に予定している「道の駅みたいなもの」の設置では、特色ある特産品が求められます。そのためにも、選定する職員のこだわりが求められます。
 今朝のヤマトイモは、おいしさとやさしさの古里から、おじま産直ファームさんが生産されていました。
 道の駅おおた 群馬県太田市粕川町701-1 TEL0276-56-9350
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 海上自衛隊から部品紛失防止... | トップ | 昨年4月の熊本地震、被災者... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む