松本春男の綾瀬市レポート

マスコミには載らない綾瀬市の大事な情報を随時お届けいたします!

確定申告会場のパソコン不足問題

2017年02月22日 | 日記
 確定申告書の作成・相談が綾瀬市役所7階の会場で行われていますが、作業を行うパソコン(税務署の備品)が6台のみのため、毎日処理出来る人数は180人分しか対応出来ません。
 日本共産党衆議院議員はたの君枝事務所から、国税庁に問い合わせたら大和税務署管内に69台のパソコンで対応しているとの回答でした。
 私の調査では、大和市役所では作成業務は行っていません。海老名市役所は途中から台数を増やして8台で対応。座間市役所は4台で対応しているそうです。
 残りの51台が、大和税務署で確定申告書作成に使用されていると思われます。
 このパソコン不足問題は、2つの要因が考えられます。
 一つ目は大和税務署管内で使用されている69台のパソコンでは、全体的に不足している。
 二つ目は綾瀬市・海老名市・座間市に貸し出されている18台以外の、51台が大和市民と、3市の相談・作成作業以外の分野で使用されている台数が適切なのかの問題が有ります。
 3市の担当部局では、税務署から貸し出されているパソコンが不足なのは明らかです。
 大和税務署も不足して困っているのか、又は4か所の配置台数に問題があるのかは、大和税務署の対応が求められます。
 大和税務署に問い合わせた状況では、綾瀬市がパソコン台数が不足して困っていると訴えても、69台の台数はどこから公表されたのかと聞くのみで、大和税務署管内で不足して困っているとの話はありませんでした。
 綾瀬市役所では、6台で一日180人の書類作成が行われています。
 大和税務署で使用されている51台で、1530人分が処理されている計算になります。
 もう一つは、国税庁が答えた、大和税務署管内の確定申告書作成のパソコン台数の調査が、他の業務(税務署職員が日常業務に使用)するパソコン台数も含めて台数の可能性が有りますが、税務署職員全体で20台程度のパソコンのみとは考えにくいです。
 結論は、綾瀬市に貸し出されている6台では不足しています。早急に大和税務署が問題点を明らかにすべきと考えます。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 市役所7階で、確定申告の受... | トップ | パソコン不足の問題点が判明... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む