松本春男の綾瀬市レポート

マスコミには載らない綾瀬市の大事な情報を随時お届けいたします!

綾瀬市の各種会議の傍聴、5分前と規定でも柔軟に対応

2016年10月12日 | 日記
 今治市の事例、定刻前に傍聴制限を受けての記事から、綾瀬市の各種会議を確認しました。
 市議会本会議は、綾瀬市議会傍聴規則(傍聴の手続き) 第1条 会議を傍聴しようとする者は、受付係に申しいで、その指示により傍聴人名簿に自己の住所及び氏名を記載した後、傍聴券の交付を受けなければ傍聴席に入ることができない。
 市議会の委員会は、綾瀬市議会委員会条例(傍聴の取扱い) 第18条 委員会は、議員のほか、委員長の許可を得た者が傍聴することができる。
 綾瀬市選挙管理委員会は、傍聴者への規定はないが、事務局の説明では市議会と同じ様に考えているそうです。
 綾瀬市農業委員会は、第2条(傍聴の手続き) 委員会の会議を傍聴しようとする者は、所定の傍聴人名簿に、住所、氏名、年齢、職業を記入し、係員の指示により指定の席につかなければならない。
 綾瀬市教育委員会は、綾瀬市教育委員会傍聴人規則 第2条(傍聴の手続)会議を傍聴しようとする者は、自己の氏名及び住所を所定の傍聴受付票に記入して教育長の許可を受けなければならない。第3条(傍聴の制限等)会議を傍聴する者(以下「傍聴人」という)の定員は15名とする。2 前項の規定に教育長が許可する場合において、会議を傍聴しようとする者が、会議開会時刻の5分前に定員を超える場合は、くじにより傍聴人を決定するものとする。
 3 前2項の規定にかかわらず、教育長が特に認める者は、傍聴することができる。
 審議会等の会議の公開に関する指針 (6 会議の傍聴)
(1)会議は、傍聴できるよう会場に定員分の傍聴席を設けるものとする。
(2)傍聴の申し込みは当日受付とし、申込者が定員を超える場合は、先着順又は抽選により   決定するものとする。
(3)傍聴者には、議事次第を配布するとともに会議資料を閲覧に供するものとする。ただ    し、個人情報等非公開情報に該当する情報が記載されているものについては、この限り   ではない。
 各種会議において、5分前との規定がありますが傍聴者を入れているそうです。
 私が確認した部署では、議会以外では会議開催後の傍聴申し込みは無かったそうです。
 傍聴の希望があれば、委員長の許可で傍聴を許可することになるだろうとの説明もありました。
 綾瀬市の課題は、各種会議の傍聴人に入場制限を行う事より、いかに多くの会議傍聴人を増やす事です。
 今治市のような事が起きたら困ると考えて調査しましたが、接触した職員は柔軟に対応するとの説明でした。
 
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東京都利島の児童と教師 | トップ | 小学校連合運動会で、放送が... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む