脊髄腫瘍闘病記・ま~ちゃんのつぶやきエトセトラ

夫が脊髄腫瘍星細胞腫G4で、T2で脊髄を離断。残念ながら丸2年後に、亡くなりました。闘病中→その後を書き綴ります。

ヨカッタ、ヨカッタ。

2017-07-14 21:03:49 | Weblog



さっき、娘からラインで写真が送られてきた。

お婿さんが、一生懸命、わたくしの作った食事を食べているところ。


疲れて、お風呂に入り、ひと段落していた所に

この写真を見せられると、行ってよかったな……

と、思える。


”親”だからね。。。

出し惜しみしないで、出来る事を探してやってあげたいなぁと思う。


経済的援助をしても口を出さない親も居る、、、

わたくしの両親がそうだった。


口だけ出してなにもしない親とか、、、

何にもしない親も居るかも知れないけれど、、、

我が子可愛さで、わたくしは、なんだかんだとやってしまう。

もちろん、出来る範囲の中でしか出来ないけれど。。。


子離れは出来ているけれど、親離れがいまいちの我が家。

少しずつ、少しずつ、、、親離れ。。。


来週は息子が帰ってくる。

息子にも、親として出来ること(多分ご飯作り)を

一生懸命したいと思っている。


では、、、追記の写真です。


                ごきげんよう
     にほんブログ村 病気ブログ 腫瘍へ
-->
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 作って作って作った。 | トップ | 食べさせるということ »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (tempo1078)
2017-07-14 21:12:09
親として
出来るだけのことをする、
それが、当然の親の心で
ありましょう。

それで
親も子も
満足出来るのであれば
最高ですね。
tempo1078さんへ (ま~ちゃん)
2017-07-14 21:43:58
はい、出来る事しか出来ませんが、、、
先様はお嫁さんである娘に遠慮もあると思いますので
私で出来る事はしたいと思っています。
つわり (花を見る花子)
2017-07-15 08:28:58
おはようございます。

お目でとうございます。

親というものは子供が困っていると思えばいてもたってもおられませんよね

自分さえよければ

いいと何もしない親もいます。

花を見る花子さんへ (ま~ちゃん)
2017-07-15 09:41:48
おはようございます。

娘が悪阻で苦しんでいると知れば
様子を見に行かなければと思う母です。

つわりは病気じゃないので、甘ったれるなと
言ってきましたが、手は動いちゃいました汗)

ほんと、世にはいろいろな親御さんがいます。ビックリ腰抜かします。。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む