わくわく!バンジージャンプするっ!

好きなものや気になることについていろいろ語ってみようと思います。

笑うしかない 「小さな巨人」

2017-06-18 09:07:58 | 雑感日記


画像はお借りしました


「小さな巨人」を観ています。

なんか毎週笑ってます。
画面の8割を占めるどアップの連続が
ドラマの8割っ!
もう、セットいらなくない?(笑)

耳まで動員しての照兄さんの顔芸、
ハセヒロくん、岡田くん、ヤスケンさんの眉間のシワ、シワ、シワ。

彼らの激しい演技に釘付けで
ストーリー最近全然興味がなくなりました。(笑)(笑)

正当なドラマのあり方としてはどうなんだろうと思いますが、前宣伝通りただの刑事ドラマではないことは確か。
コメディじゃないのに何故か笑わずにはいられず、ストーリーに全く興味ないのに観たらそれなりにカタルシスを得られるという不思議なジャンルのドラマとして楽しんでいます。

これ、視聴率炎上商法的な作戦だとしたら
凄いな…。

「敵は味方のふりをする」

がテーマなんですかね。

このドラマ、確かに誰が味方か誰が敵なのかがわからないです。狙い通りです。

普通、これだけどんでん返し的に話が進むと
素晴らしい伏線だ…みたいな解釈もできそうなものなのに、全く伏線臭を感じない。

そことそこが繋がってたかぁー
みたいな感動が全くなく。もしや思いつきでストーリー展開してますか?

もしかしてみんなわざと中途半端な人物設定にしておいて展開次第でどちらにも転ばせられるように作っていたりします?

登場人物に矜持が感じられないというか。
なので常にご都合主義的に物語が進んでいる
印象が否めません。

個々のエピソード自体は結構大好きな男気なんですけどね…。

前回は捜査2課の梅ちゃん先生松岡、仕事してくれました。ちょっとストーリーに興味もてたよ。
ありがとう松岡。(正しくは高橋光臣さん)

後は管理官、いつも意外にいい仕事をする
手塚とおる氏に期待したいと思います。
いい加減仕事しろよ!管理官っ!

しかし、ハセヒロくん、
香坂と園子温監督「地獄でなぜ悪い」の平田が同じ表情筋とテンションの使い方って…いいのか?(苦笑)
捜一課長の前で腰を抜かして後退る香坂を観ながら彼は彼としてきっと頑張ってるんだろうなぁーとちょっと気の毒に思えています。

いよいよ来週最終回。
どんな顔芸が観られるのか興味津々です。
(そこか、笑)

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« KEYHUNTER をすっごく観たく... | TOP | 伯爵邸で過ごす初夏のひとと... »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | 雑感日記

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。