線維筋痛症 その悪魔の正体

凄まじい全身の痛み。
今年の春に診断されてから回復までの道のり。
自分に起きた痛みの正体は思ってもみないものだった。

経過観察日記25

2017-05-19 16:56:46 | ベンゾ&ステロイド ...




最近、外はポカポカを通り越し、結構暑い~。
私の体には有難いですが、
案の定、車の中で犬たちはハァハァと暑そう。
仕方ないんでエアコン入れる事があるんですが、
この前スーパーでの恐ろしい冷えがまた来るんじゃないかと思い、
気が気じゃありません。


ここの所、とても体調が良くなり、
全体にかなり戻っている感じです。

まだ少し疲れやすいですが、
昼間に20分ほど横になったら、それで回復できるくらいになりました。

あとは夜までどうにか持ちます(^-^)。


朝がとても早くてだいたい4時半には起きているので、
どうしても午後に疲れが出てしまいます。
でも‥離脱と関係なしに、
普通に考えて、早朝からずっと活動してたら健康な人でもそれなりに疲労感があると思うので、
これはもう許容範囲です。

やる気は・・どうなんだろう。
まだいまいちですが、家事などの「やるべき事」はどうにか出来ています。

趣味などは相変わらず全くやっていないのですが、
この1年の間に「やりたい」と思う事も無かったのは、
本当に日々あらゆる症状が出て、
その日一日をやり過ごすだけで精一杯だったので、
そんな余裕なんか無かった・・というのが正直な感想です。



2階に上がるとフラッシュバックのように痛みが出る・・という事を
この前書きましたが・・やっぱり出るのです。

でもこれ、どうもおかしいのですよね。
大した事してなくてもいきなり痛みが走るのです。
何か脳にインプットされてしまってるような感じ。

だとしたら・・
「本当はもう大丈夫、痛くないし、何でもできるよ」と体に教えなきゃいけないのかも・・
そう思いました。

以前ある方のブログで、どんどん色んなことして「上書き」が必要・・というような事が
書かれているのを読んだ記憶があるので、
もしかしたら、そういう事かも・・って。

それで、2階に行って痛みが出た時、
いつもなら片付けを諦めてしまっていたのですが、
痛みが出てもそのまま少し続けるという事を数日やりました。
初めは痛みが出てきて「ヤバいかも」なんて思いながら・・
それでも続けてやってみました。

すると・・
あっけなく痛みが出なくなったのです

離脱においては、この上書きは凄く大事なんだと思いました。

というのが、
私の生活の中で「犬の散歩」は雨の日もどんな天候でも欠かさないのですが、
ハッキリ言って、とてもじゃないけど「いけない」と思うような体調でも
とりあえず、一日3回は必ず行くのですが、(トイレが外でしか出来ない犬がいるもので・・)
行けないと思ってもそれを続ける事で、
体がその事に対して徐々にストレスを感じなくなっていくように思っていました。
多分、頭の中でももともと「行くもの」という認識なので
しんどくても抵抗が少ないのかもしれません。
散歩の途中で息苦しくて倒れそうになったり、
筋硬直が出たり・・体中がつりそうになったり・・としょっ中でしたが、
それでもとにかく続けていたので。
脳がそれに慣れた・・という事なんだろうと思います。


逆に些細な事で日常あまりしないような事に対してとか、
何となく嫌だなぁと思う事には異常にストレスが溜まったり・・
でもそれも日々こなしていくうちにどんどん改善されてきています。


やっと、昨年の断薬後(11月~12月くらいの時)の
一番いい時より超えたな・・って感じです(^-^)。


とりあえず、急に不安感がよぎったり変な精神症状が出てきたら
お笑い見て笑う。
それでも治まらないときは、やはり有酸素運動が効果あるので
一人で公園に行って、2~3キロ歩くようにすると(速足で)
帰る頃には気分も晴れているので、
自分にはこういうやり方が合ってるんだと思います。

あと、外で偶然人に会った時・・
なんか上手く言葉が出なかったりすることがまだありましたが、
それもここに来て問題なくなりました。
こういう症状も出たり引いたりします。
なので、また出るかもしれませんが、これも慣れるために
とにかく日中に一度は誰かと話すようにしています。
殆ど犬友だちですが、「話す」事で頭がクリアになって、
その上、色んな情報もゲットできて、いう事無しです。

愚痴の多そうな人は避けるのがコツ(笑)。

皆には自分に起きた事を少しは話してありますが、
いつも一番長い散歩をしてるのが私なので(3頭いるんで・・)、
多分調子が悪いとか全然思って無いんじゃないかな・・
全て話して理解してもらえるわけもなし、
またそれをするのも無意味な事ですし、
変な労力は使わないに越した事ありません。
なので外での会話は他愛ないものばかりです。
でも、それが気分転換に大いに役立っているようで、
やはりしんどくても外に出て人と接する事を避けちゃいけないんだと思いました。


この2~3カ月の間に起きた離脱症状のあれこれ・・
時に激しい好転反応・・
色々ありましたけど・・
その間に出来る事は自分なりに色々やったつもりなので、
今こうして「戻ってきた」と実感できる事が本当に嬉しいです。


元の体質として、
自律神経のバランスが崩れやすい事や
ホルモンバランスの変化で体質が変わっている事も自覚しているので、
身体に負担にならないよう、気を配りながらこの先も過ごすつもりです。

また離脱の波がくると思いますが・・
(嫌だけど、出たり引いたりしながら治るものなので)
そう思うと正直気が滅入ります・・
同じくらいの強さの物が来たら耐えれるかな・・とか思う事もあります。

でも、今回耐え抜いた事で
去年よりずっといい感じに体が変化したことを考えたら、
やっぱり治る為に離脱症状は「必然」であるという事が再認識できたので、
次が来てもきっとどうにかなるはず。(実際耐えるしか仕方ないんだもんね・・


このひと月の体の変化はとても大きかったです。
体感的にはぐんぐん悪いものが抜けだす感じで、
それに合わせて出来るだけ動いたのは良かったと思っています。

症状が出ても、そこに引き込まれないように、
心と体を常に他に向けるようにして過ごしていました。
もうね・・
症状について考えるのも面倒なっているのです

そんな風に過ごしてたら、
どういうわけか症状も遠慮がちになってきた

耐えられないほどしんどい日はこのひと月では無かったかも・・
身体の痛みで寝込むとかも全くありません。



来月はどんな感じになるか・・楽しみですが、
梅雨に入りますね・・・


梅雨は離脱症状の悪化を訴えられる方が増えるんだとか・・

私も断薬後初めての梅雨・・。
乗り切り方がわかりませんが、
どうにか強い症状が出ないでくれると有難いな~~。




にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


読んでいただき有難うございました(^-^)。














『闘病』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 線維筋痛症について思う事 | トップ | ちょっと一休み7 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む