秋の上高地&五箇山ツアー 4

2016-10-14 16:35:43 | 旅行
夕闇の中五箇山に到着、スマホバッテリー切れのため写真が無いので、いきなり国民宿舎五箇山荘でのお夜食から始める。

夕食メニュー





宿に到着して直ぐに温泉に入り、富山名物の硬いお豆腐料理やら、美味しい大吟醸「三笑楽」などなどたっぷり頂いたあと、叔母上様お手製の栗の甘露煮と松本で合流するまでのSAで買ってきて下さった巨峰、マスカットを別腹に納めた。叔母上様は栗を煮るのが大好きだそうで、私は栗を食べるのが大好きなもので‼️

翌日のスケジュールを確認してお休みなさいのはずが、
明日は「こきりこ節」の実演鑑賞ができるというので、父が
宝生流「放下僧」
の一部を、ベッドの上に正座して披露すると言う。
「放下僧」の中で「こきりこ」が出てくるのだ。
流石生まれついての御坊様、よくまあ覚えているなぁと感心しながら聴いていたが、途中で思い出した。
敵討ちの話だ、いつか何処かで聞いたことがある。

そんなことから話が尽きず、お開きにしてからまた温泉に浸かり、ベッドに入ったのは12時を過ぎていた。

さて、旅行3日目



朝食をしっかり食べて、宿からすぐ近くの
「村上家」へ。









合掌造のこと、こきりこ節のこと、五箇山での生活の知恵のことなど、御当家の主から説明を受けて、
こきりこ節実演鑑賞。

私のスマホにお話を録音して、父のスマホでビデオ撮影。
囲炉裏端でもお話を聞く。

合掌造集落と言えば、繭ばかりと思っていたら、なんと、織田信長の時代から火薬を使っていたという。

建物はとても興味深い資料が展示されていて、沢山写真を撮った。

二階は少し心許ない床で、摺り足しながら見学した。







秋篠宮様

























放下僧のお話で御当主と盛り上がる父。





村上家を後にして、相倉集落を散策する。

昔の生活にタイムスリップしたよう。









小豆を採っているおばあさま。



火事が一番怖い合掌造り集落。有名な放水銃







相倉民俗館を見学。








写真多すぎ(^^;;
つづく……










ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋の上高地&五箇山ツアー 3 | トップ | ユリア フィッシャー リサイタル »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。