あしおとがきこえる?

おどり場は劇場から路上まで
おどるなつこの散文誌

天からのご褒美!

2016-10-13 | おすすめ!
じゃーん!この美しい木目は...!newタップ板!



かれこれ7年位前、鎌倉は小袋谷踏切近くの洋館が取り壊されているのをみて、葉山の古材専門店桜花園さんにも応援を頼み、沢山の古材をクラッシュ前に救い出したことがありました。(けっこう大変なめにあったのでした→過去ブログ
その時に私が頂いたのは無垢材のカウンター天板。
塗装してあり、厚みも5㌢近くある上、反りもあって重たくて、手が付けられず、長らく我が家に眠っていました。

昨日ふと、近所の木工所に電話をしてみました。あまりに毎日通る道すがらすぎて目に入らなかったのですが、この日はガラス戸の電話番号がすっと目にとびこんできて。電話に出たのはあたたかみのある感じの良い方、すぐ、家に材を見に来てくださり、あっという間に仕上げてくださいました!
わああ!
ナホ・タモ・ラワンの3種の無垢材30㌢巾4㌢厚。こんな豪華なタップ板が突然手に入るなんて!なんてご褒美でしょう!

しばらく木工屋さんから木のお話を伺います。木を愛してる御方でした。



木材フェチの私としては、匂いを嗅いだり、なでまわしたり、程よく設置したり、踏むまでに少し時間を稼ぎ...
今日はただただ響きを楽しんでおりました!

今だから踏める。
7年前ではこの木材たちの音は出せなかっただろうと思う。
LOVE♡
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 11/9-13 Pal's Sharer vol.13... | トップ | 昔の家の台所の床 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む