あしおとがきこえる?

おどり場は劇場から路上まで
おどるなつこの散文誌

おどるなつこの散文誌

2005年開設。振付動画を撮ることが戒められていた時代に、タップクラスおさらいの動画共有のために始めたブログです。
近ごろは、おどる日々から浮かびあがることばを書きとめています。
公式サイトはこちら→おどるなつこwebsite TOP

御礼ならびに...

2016-08-30 | リハーサル日記
あっというまに夏が終り、鎌倉の夜は虫の音に入っております。
先週末金曜日には「キッドのP 即興5 ~Baroque~ゴカイと憧れ」応援ならびに、諸事情を押してのご来場ありがとうございました!

 撮影;早川誠司

出演者一同、崖っぷちを走り抜けるような緊張感とともにお送りいたしましたこのライブ。大変ご好評頂きまして、有り難いことです。
そもそも、シャンソン蜂鳥スグル氏の渾身チャレンジに、ピアノ大和田千弘氏が点火、そのまさに燃え始めを目撃した私おどるなつこが乱入を希望、キッドの協力のもと実現したバロック尽くしでありました。このメンツだからこそ、キッド空間だからこそ、の夜でした。ふふ。

 写真などはこちら→キッド早川氏撮影


演目のうちのひとつ、ヴィヴァルディの「ユディータ」と言っていたものは「ユディト記」というお話から創られた歌で、壮絶な音楽のタイトルは「蛇と松明で武装して」歌詞はラテン語、「ユディト記」の絵はクリムトも何枚か描いています。バロック音楽にタップ、踊る上で、音楽はもちろんですが、物語や絵画からヒントをもらいました。

「ユディトⅠ/クリムト」

いやあ。敵将の首を下げてのユディータのこの恍惚はいったいどういうことでしょうか。感情の淵が覗き込めるバロック時代...たいへん興味深いです。

ということで
 精進しながら次の機会を整えたいと思います!!

ピアノとケモノ


いつも、ライブに来てくださるばかりでなく、差し入れやお花をいただきます。本当にありがとう。
根の出たものは、苔玉にして、我が家の友になっております。



お気持ちわすれずに、感謝いたします!!

この記事をはてなブックマークに追加

おどるなつこの Movie Links

きみのところににじはでますか(7:12 min)
voix de ville まちのうた(20:31 min)
タップで文学Ⅱ嵐が丘/Wuthering Heights (17:26 min)
The Rebirth Chosen as the Requiem (20:00 min) directed by NIL

おどるなつこの Tap Class

身体を整え、心地よい音を出す基礎を身につけます。 あしおとを聞きあい、各々の表現へとつなげましょう!
◎大船class [変則日程 土日祝/18:30~20:00 月火/19:40~21:10] 会場:NPOセンター大船B1/JR大船駅より徒歩4分
◎町田class [月2回土曜日/15:40~17:00] スタジオ: la caseta/小田急町田北口より徒歩7分 初回はお問合せの上ご来場下さい。
【受講料】● ビジター:3,240円/1回 ● メンバー:2,700円/1回 月謝割引有り 【メンバー登録料】 5,400円/永久有効
*振付・個人レッスン・滞在型WS承ります。 supportあっとodorunatsuko.net までお気軽にお問合せください。