はるにわ日記

古民家再生の記録、薪ストーブ、子供との戯れ、大好きなバイクと英国旧車のこと、サッカー、カフェ。徒然なるままに・・・・。

コーヒーの生豆を焙煎してみました。12

2017年07月08日 00時11分17秒 | 古民家暮らし

もうコーヒーの焙煎も何回目でしょうか。。。。
そろそろ上達してきてもいいはずなのですが・・・

毎回同じようにやってるつもりが、いつも出来栄えが違うので、どこをどういじったら良いのやら分かりません。

まずはうまくいかなかった原因を突き止めないといけないのですが、それがカセットコンロにあるとしたら、ちょっと根が深い問題になります。

とりあえず、今回も網でチャレンジしてみます。

変更点は、網の底の形状

もともと半球状なのですが、これだと豆が真ん中の一か所に固まって、上の方の豆には熱が行き届かないうえに、焼きムラが出来るんじゃないかと考えたわけです。。。

そこで、網の底を平らにしてみました。

中間は、もうはしょって、13分後です。

8分くらいで1ハゼでした。

ちょっと浅煎りな感じですが、今回はこれでヨシとします。

時間的にはちょっと早いかもしれないけど、そこそこいい感じのタイミングで煎り上がったので、気を良くして鍋でもチャレンジしてみました。
今回はネットを参考に、アルミの蓋をしてみます
よく考えると、中が見えないんですね。。。

ハゼる音だけが頼り、ということになりそうです。
見えないと不安ですが、結局見えていようがやめる判断はハゼたかどうかなので、まぁいいかと。。。

前回は30分もかかったので、出来るだけ火に近いところで動かしていたら・・・

6分ごろに一斉にハゼが始まり、その2分後にはパンパンをえらい勢いで2ハゼが始まりました。
ちょっと早いとは思いますが、アルミホイルをめくって中を覗くと、相当焙煎は進んでいる感じ

火からすぐに降ろして、網で冷やします。

こうやって見ると、かなりムラがあるみたいで、一部はそこそこ深入りになってますね。

目標はセブンイレブンの味(もっと高いところを目指したいのですが、分かりやすいのと、十分おいしいので、とりあえずの目標です)なので、もう少し煎っても良かったかもしれませんね

味は、、、しばらく寝かせてから飲んでみましたが、、、、

なんですかね、、、とりたてて美味しくはありませんでしたが、マズイという訳でもなく、十分飲めはします。
が、それも毎回入れるたびに味が違うので、どうしたらいいのか。。。

まずはいれる条件を常に一定にしておかないとダメかな~

いつも主に会社で飲むのですが、急須でお湯を注いでいるので、どうも淹れ方にムラができるし、温度の維持も難しい。

でも会社に一式揃えるのもどうかと思うし・・・

やっぱり慣れるしかないか。。。

『手作り料理』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒノキのウッドデッキを作り... | トップ | ヒノキのウッドデッキを作り... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。