高木晴光の 『田舎と都市との ・ 日々こうかい記』

「新田舎づくり」を個人ミッションとし、田舎と都市とを行き来する人生・仕事のこうかい(公開・後悔・航海)日記

壮行会

2017-05-24 15:18:58 | 日記

5月23日

5月のお誕生日のくまちゃん、りーはん、そして、2年間滞在在籍した呉立涵(Wu Lihan)さんの送別を兼ねて、黒松内駅前の焼き鳥屋さんの「しんちゃん」へ繰り出しました。

りーはんは、旧NPOねおすのHPにあった「そだちばプロジェクト」の掲示を見つけて、ある日、台湾から直接、研修生応募の照会がありました。 当初は海外からは想定していなかったのですが、日本語ができる、そして彼女の台湾の林野庁に当たる管理下にあるビジターセンターで環境教育の体験活動をしているといるという履歴から、採用に踏み切りました。 日本語も上手で、コミュニケーション能力も高く、この2年間は黒松内ぶなの森自然学校としてもとても良い人材となり活躍をしてくれました。

時を同じくして、中国との仕事上の関係も深まっていたので、中国語も英語も堪能な彼女は新たな業務開拓にも大いに力を発揮してくれて大助かりでした。 就労ビザも獲得しての16年度で17年度も継続雇用をしたかったのですが、台湾に帰り国際交流の仕事を友人と立ち上げたいとのことで、私としては泣く泣く了承したのでありました。

これからも、日台中の交流の橋渡し役として力をつけて、東アジアの市民交流、平和のために活躍をして欲しいと願っています。

今週末に神奈川で開催される東アジア地球市民村のフォーラムに一緒に参加して、その後、ビザが切れる今月末まで東京に滞在し、そのまま台湾に帰国となります・・・・・・。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ひと段落

2017-05-22 15:14:30 | 日記

5月19日

やっと足元のNPOくろす野外計画社と黒松内ぶなの森自然学校運営協議会のふたつの総会を終えて、新年度を名実ともに切れました。気持ち的には途切れずに継続しているので、改まった新鮮感はないのですが・・・。 とりあえずは区切りがついて良かった。

とはいえ、課題は多い。

総会が終わったので、NPOの道庁への提出書類を早々に用意せんといかんね。 図体は小さくともNPOなので提出する書類は大小関係ない・・・。 昔、NPOの設立経営セミナーで講師していた頃は、「事務手間暇がかかるから事業高で経理総務が雇用できないくらいの非営利活動は法人化しないほうがいいですよ」なんて助言していたのに、当の本人が小さなNPOを作ってしまい、仕事を増やしてしまった・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

良いお天気です。

2017-05-19 12:52:50 | 来訪者

今日も実に良いお天気ですが・・・、事務所にこもっております。 昨夜は深夜2時すぎまでかかって、ふたつの総会準備はやっと完了。くたくたでありますが、夕方からの本番待ちであります。

さきほど、かの有名はバナナボートを積んだデリカのドライバー、もんじぃさんが、ドーナッツの差し入れをたくさん持って寄ってくださいました。  午後には、総会参加に 三木昇さんや保険の小林さんも札幌からおいでくださいます。 総会終わってからの懇親会を楽しみに頑張ろう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

来訪者

2017-05-18 12:39:08 | 来訪者

ここ数日は、肌寒かったのですが、上空の寒気も去って、春らしく暖かくなってきました。 登別フォレスト鉱山ネイチャーセンターの副所長の遠藤さんがお父様をお連れして訪ねてくれました。 親孝行でふんわりとした感じで、こちらも癒されます。

5月19日の自然学校運営協議会とNPOのふたつの総会を控えててんやわんやしております。 協議会の経理原簿は恐ろしくソロバンに自信を持っているMRKさんが担当しています。その集計数字を使って、私がエクセルを使って決算書を作るのですが、毎年、この時期は二人の関係が険悪になります。 この支出はどこの科目に入っているのか、縦計が合わんとか・・・、今回もエクセルの計算書と原簿が合わずイライラ、フーフーでしたが・・・、

手書き原簿の前年度繰越金の転記が間違っていることをやっと発見。 アタシが正しかった!!! やっとこさ、整理ができました。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自然学校開業研究会

2017-05-17 16:30:32 | お知らせ
自然学校という仕組みを北海道において各町村で標準装備にしよう、そのための施策を練ろうと、道議会議員の広田まゆみさんと画策・もくろんでおります。そのために、6月7日に北海道道議会の会議室で第一回の研究会を開催します。 御興味ある方はどなたでも参加ができます。 参加ご希望の方は私までご連絡ください。
 
***********
 
地域と共に生きる自然学校開業研究会
こどもたちには、安全で、かつ、管理されない空間での遊びや学びが重要です。
北海道の強みを活かしたこどもたちの遊び・学び環境の保障をするために、北海道の全ての市町村に自然保育、自然学校を誕生させることをめざして、研究会を発足します。
自然保育については、すでに長野県や鳥取県で制度化がスタートし、昨年度中に、一定の学びを、道議会で開催した勉強会で、さまざまな立場を越えて、共有しました。 今後は、自治体における遊び環境保障のためのこども政策確立をめざし、例えば、上川管内など、より現場に近いところでの情報共有の場を引き続き展開していきます。
今年度は、森のようちえんなどの自然保育や、学校との協働、また、エコツーリズムなど、これからの地域経営、人材育成にも大きな可能性を持つ自然学校について学びます。全道全ての市町村に、最低1つの「地域とともに生きる自然学校」の誕生をめざした活動のスタートのための研究会として位置づけています。
この会のメインコーディネーターに、黒松内ぶなの森自然学校の高木晴光さんをお迎えし、まず、第1回目は、高木晴光さんご自身から、自然学校とは何か、これまでの自然学校の歴史と北海道の現状、これからの課題、展望についてなどの概論をうかがいます。
来年までに、最低1つの自然学校の開業も展望します。 試行錯誤の実践の過程も共有しながら、いわゆる環境保全を「運動」から地域とともに生きる「生業」に転換すること、さらには、北海道の自然や地域を商品化する大きな経済の波を受け止めながら、地球規模の大きな社会問題の解決にもつながる小さな経済のモデルを、次代を担う若い世代のために、実践を共有しながら、新しい働き方、経営の選択肢として提案することもめざします。
参加費は無料です。
▅ 日時 2017年6月7日18:00~20:30
▅ 場所 北海道議会(会議室は当日受付でご確認ください)
▅ 内容 「自然学校とは何か」
      講師 高木晴光さん (黒松内ぶなの森自然学校)
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加