自然学校発 黒松内だより

北海道の道南の小さな町、黒松内にある「ぶなの森自然学校」の毎日と周辺のできごとを自然学校のスタッフ達が紹介します。

森林療法 in 江別

2016年09月29日 17時21分04秒 | 出前出張ネイチャーワゴン3G

一時休止となっていた森林療法事業ですが、
新たに江別のすずらん病院の方とつながることができ、
約半年ぶりに森林療法セットをネイチャーワゴン3Gに載せて江別まで行ってまいりました! 

9月27日のプログラム当日には3つの施設から計30名の患者さんが集まってくださり、
約2時間を森の中のキャンプ場で過ごしました。

 

これまでよりも規模の大きい集まりとなりましたが、
森林ウォーキングや木工アクティビティにハーブをつかった手浴・足浴など、
今までの森林療法事業での経験を活かすことができました。

木の箸置き&たまごづくりではやすりで表面をけずり、自分好みの手触りに。

キャンプ場では特別に許可をいただき、
だるまストーブが登場。
だるまストーブを見るのは久しぶりだとみなさん口をそろえて言われていましたが、
薪づくりコーナーでは火付け名人が素早く火を起こしてくださり、
のこぎりや鉈使いもお手の物で、サクサクと薪を作ってくれました。
  

手浴・足浴コーナーでは香りの違うハーブを使い、
手にうつった香りを楽しみました。
足浴では身体をよせあい、お喋りも楽しみながらの入浴に。 

 

久しぶりの森林療法プログラムに、私達も癒やされてきました。
次の予定は決まっていませんが、
普段自然と触れ合う機会が少ない方々と
どんなことができるか、早くも次が楽しみです。

(ちこ)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第5回元気いちば | トップ | 夏道具仕舞い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

出前出張ネイチャーワゴン3G」カテゴリの最新記事