自然学校発 黒松内だより

北海道の道南の小さな町、黒松内にある「ぶなの森自然学校」の毎日と周辺のできごとを自然学校のスタッフ達が紹介します。

嵐の後に

2017年04月19日 15時27分53秒 | 自然

昨日は北海道の日本海側を中心に、嵐模様の天気でした。
皆様の所はおかわりありませんでしょうか。
毎日新聞記事

こちら黒松内ですが、結構な荒れた天気でした。
特に朝4時~12時頃まで風が強く、風に逆らって歩くのが困難なほどでした。

今日、教育委員会の方とお話しましたが、それぞれの所で倒木やトタンが飛んだりなどの被害があったものの、教育委員会・建築家・産業課などが出張ってどうこうする大きな被害は無かったとのことです。


さてぶな森の被害ですが、大きなものとしては以下のとおりでした。

・グラウンドのトド松が5本倒れた

 

・ゲストハウスへ至る道が壊れた(修復済み)
階段付け根の木が倒れ、階段が90度回転して捻れたのですが、今日の午前、ほっしーとくまで木を刻み、ねじれを元に戻しました


・鶏小屋の扉と窓が壊れた(簡易補修済み)
吹き飛んでしまったため、昨日の時点で応急処置で板を貼っつけました。


・学校裏のツリーハウスが落ちた
高木北斗さん作。延べ3ヶ月程かけて作り、2回の冬に耐えたのですが、残念ながら嵐には叶わなかったようです。誰も住んでいなかったのは不幸中の幸いですね。

以上、4点でした。

春の片づけや修繕に取り掛かかり始めに、この嵐。
正直、出鼻をくじかれた感じは結構あります。

しばらく雨&曇りのようですので、晴れた日に気持ちを切り替え、取り掛かりたいと思います!

 

MJたつみ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北海道光的王國,下課後的森... | トップ | ぶな森のGWツアー&プレパー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む