高木晴光の 『田舎と都市との ・ 日々こうかい記』

「新田舎づくり」を個人ミッションとし、田舎と都市とを行き来する人生・仕事のこうかい(公開・後悔・航海)日記

長期村三日目

2017-07-29 18:52:07 | プログラム 子ども

 昨日は天候不順であったので日程を入れ替えて、今日を水プログラムにしました。天気予報どおりでしたが、判断正解でした。朝から晴天。絶好の水活動日よりでありました。 1週間、2週間、全日程3週間参加のお子さん方いますが、第1週目は全員で同じ場所に行って同じことをする活動を続けます。 これは、どんな子が参加しているのか子ども同士の関係性づくりを大目標にしていますが、スタッフと子どもの関係性、そしてスタッフ間の関係性づくりを目標にしています。

今日は、午前中が川活動。 ウエットスーツとライフジャケットを装着してまずは装備に慣れることから。浮力をカラダに感じて流れます。

練習をし、川原で遊んだあとに、朱太川本流を1.5kmほどを流れたり、歩いたりしながら自然学校まで戻りました。

昼食はスーツをつけたまま、野外で天ぷらウドン。そのまま、午後の活動、弁慶岬の政泊港へ。 政泊港は小さな漁港で数年前までは複数のウニ漁の皮むき小屋で漁師さん達が漁業をしていましたが、現在は漁船に係留もほとんどなく、無人漁港のようになっていますが、この地域の顔役の方には毎年ご挨拶し、およその利用日をお伝えしています。漁港の堰堤の外側には平磯があり、大きく切れ込んだ大きなプールのような入江もあり変化に富んでいます。 いつものように、磯場で生き物捕り。ウミウシ、カニ、ウニ、ヤドカリ、小魚などが取れます。 もちろん観察するだけでリリースをします。

そして、恒例の堰堤からの飛び込み活動。今日は1年生の女の子MICも飛び込めました。常連のSKCは高い場所からしばらくの逡巡の末、見事に初ダイブ。 怖かったんだろうなあ。飛び込んだあとは大泣きでしたが、「良くやった!!」みんなから大喝采を浴びました。

 

 




ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キッチンスタッフ | トップ | キッチンスタッフ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

プログラム 子ども」カテゴリの最新記事