高木晴光の 『田舎と都市との ・ 日々こうかい記』

「新田舎づくり」を個人ミッションとし、田舎と都市とを行き来する人生・仕事のこうかい(公開・後悔・航海)日記

Return to Innocence

2016-10-15 19:48:13 | プログラム

10月15-16日はコズミック・ダンスカンパニーの皆さんがワークショップ滞在しました。

コズミックダンスとの出会いはもう20年以上前になります。 

北海道自然体験学校NEOSを始めて、すぐに私は、私のコミュニケーション能力の壁にぶちあたりました。 生来、厳しいオヤジに育てられ、社会人になっても輸入業のバイヤー、デリバリー(輸送手配指示)という相手に対して常に強い立場にある仕事をしていた、さらには元々雑談が苦手、話がうまくないと、コミュニケーションのあり方が一方通行で多様にできない自分を感じていました。

自然の仕事は、自然を相手にするのではなくて、「人」を相手にする仕事でした。

山岳ガイドで自分の親に近い人達と旅をしたり、子供事業の親御さんとの会話がじょうずにできない、さらにその頃は社会体育専門学院という専門学校で元気な青年たちとやりやっていて、自分の対人力に自信をなくしているというか、対応できない自分に「この仕事を続けられるだろうか」と悩み不安に思っていた時期がありました。

真剣に行き詰まっているときは、助けがあるものです。 SKYさんという方が、あるCDをプレゼントしてくださいました。「このCDの7番目の曲は高木さんのテーマソングよ」というメッセージがついていました。 それは、Return to Innocenceという曲でした。 Innocenceという語彙・意味を知らなかった私は、????でしたが、その曲のバックコーラスが心地よくとても気に入りました。(台湾のアミ族の唄)そんな準備があり、Cosmic Dance というワークショップに呼ばれました。端的に言えば Dance therapyでもあります。 自由に踊る・・・、私には簡単にできないことでしたが・・・、 アマディウスという壮大なニューエイジミュージックというのかな・・がかかりそれに合わせて気や波動を意識しながら自由に身体を動かすのです。そこでもInnocenceはテーマでした。 自己開示による自己受容への道でした。

「これでいいんだよ。もっと楽になってごらん」

それから当時のスタッフ達が心配するくらいに精神世界のワークショップに凝りました。アメリカンネイティブの儀式・スウェットロッジ、アイヌ舞踏団モシリとの出会い、ハードなサイコセラピーの体験、ブリージングセラピー等など。 亡くなられた萱野茂さん(アイヌ初の国会議員)のカバン持ちをして一緒に4日間の旅をしたのもそのころで、平取ではアイヌのフチ達(お婆ちゃん)の大地からカラダを通して響き唄う場にも遭遇しました。その都度、自分が身に付けていた外から自分を防御する何層ものココロの鎧を外してゆきました。自分を受容する過程でした。

おかげで他者とのコミュニケーションが少しはうまくできるようになり、はたまた山や海、樹木や生き物たちとも会話ができるようになったのでした。

さてさて、あれから20年以上も経ち、人生も終盤戦に入ろうとしている今、公私共々、ふたたび悩みというより不安も出ていています。 これからどしたらいいだろうか? 

そんな折に、再びCampanyの皆さんに再会したのです。 さらにはブリージングセラピーの師匠AIKOからも誘いがありましたし、ヨグマタジからはヒマラヤ瞑想のマントラも頂きました。

エネルギーの調整時期にあきらかに入ったようだなあ・・・。

自分自身の肉体的パワーが衰えている時に、以前のようにガァーと突っ走って変化変容はできない。 内なるパワーを高めるというのはまた修行が必要だなあ・・・・・。

命のトンネルというアクティビティ。 参加者主宰者が全員女性という中で、ただひとりの男性として参加。女性のパワーの中で、踊ったり、産道(トンネル)体験をしました。

 

ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 漁業取材 | トップ | 踊るDNA »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む