高木晴光の 『田舎と都市との ・ 日々こうかい記』

「新田舎づくり」を個人ミッションとし、田舎と都市とを行き来する人生・仕事のこうかい(公開・後悔・航海)日記

来冬の準備万端

2017-05-16 10:13:23 | 自然学校の日常

薪小屋を見ると、既に昨年の秋並み以上に燃料用の薪が満タンになっていて、まだ入れていない薪も外に山積みされています。これも頂いたもので乾いているのですが、ここのところの小雨に当たってしまった。まっ、晴天が続けばすぐ乾くでしょうが、入れる場所がないなあ。

さらには、薪割り体験用として、大沼牧場から今月末に軽トラ一杯分の玉切り材が届く予定になっております。

毎年、秋になるとあたふたしていたのですが、春先にすでに、次の冬の用意万端であります。 

こんな年は今までなかったなあ。

 

ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 年度末終わらず…。 | トップ | 自然学校開業研究会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む