◆ちゃんとしゃべれ!治納由気(はるなゆき)◆

変な日本語、敬語もどき、崩れていく日本語、そして、正しい日本語とハムスター。

「話させられるんですよ」って?

2012-10-31 18:22:23 | 言葉についてあれこれ
                                      お

 「とくダネ!」で見た「話させられるんですよ」というテロップ、「はなさせ」まで読んだときに「話をさせられる」と聞こえ、「を」を省いた「はなしさせられ」だったのかぁ~と思ったのですが、話し手が「話をさせられるわけなんですよ」と言っているのに、なぜわざわざ「を」を省いて読みにくくするのかな?
 「話す」「話させる」「話させられる」と書いてあったらどのように読むでしょうか。私は、話す(はなす)、話させる(はなさせる)、話させられる(はなさせられる)ですが、世代によって違うかもしれませんね。「はなさせる」「はなさせられる」と書き添えなければ「はなしさせる」「はなしさせられる」と読まれるかも。
 「はなさせられる」は、はなさ+せ(使役)+られる(受身)ですが、「話」と「話し」の区別をしない人が大勢いるうえに、最近は助詞を省いて書く人が増え、文章が読みにくいったらもぉ~(ーー゛。「話をさせられるわけなんですよ」と言っているのですから、せめて「話をさせられるんですよ」と書いてください( ̄д ̄)!
 あるとき、一般人の書いた文章を読んでいて、「平気で席は慣れていますから」という記述が出てきて意味を理解できず、考え込んでしまいました。「席は慣れて」も変だけど、「平気で」に続くのが全くもっておかしい。「平気で」に自然に続く言葉は何だろうか・・・へいきでせきはなれて・・・「平気で席離れて」か?
 つまり、「平気で席を離れていますから」の「を」を書かずに変換した結果「平気で席は慣れていますから」になったわけですが、その誤変換に気づかず、そのまんま、ということだったのです。これが話し言葉なら「へいきでせきはなれていますから」と聞こえるので別にどうということはありませんが、書くという行為にはそれなりの注意が必要になるわけです。
 助詞を書かないのはこの人だけではありません。「○さん会って」「もらい事故あい」「でもあきらか失敗だと思うのです」は「に」が抜けています。「あきらめてはどうか提案しましたが」は「と」が抜けています。「○さんに会って」「もらい事故にあい」「でも、明らかに失敗だと思うのです」「あきらめてはどうかと提案しましたが」と書いて初めてちゃんと読める文章になります。
 「とくダネ!」で笠井アナが「○さんとお電話つながっております」と言ったとき、アナウンサーなのに、なぜ「○さんと電話がつながっております」と言わないのかと思いました。「お話ししまして(おはなししまして)」と「お話しまして(おはなし、しまして)」については何度も書いていますが、これも「話をしまして」と言わなくなったことが関係しているでしょうから、「電話が」と言わずに「お電話」と言ってしまうことの危険性について少しは考えてください。
ジャンル:
その他
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「鍵を取り変える」って? | トップ | 「ざい、がいこうかん」って? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
飽き性の息子に (ハルイールのドキュメント)
出産祝いで貰ったレゴブロックを与えてみた