◆ちゃんとしゃべれ!治納由気(はるなゆき)◆

変な日本語、敬語もどき、崩れていく日本語、そして、正しい日本語とハムスター。

「船長の無責任」って?

2016-09-18 08:53:59 | 言葉についてあれこれ
                                やっぱり浮き輪だね

 テレビ朝日の番組で見た「船内映像が暴く 船長の無責任」というテロップ、これはいけませんね、誰が書いたんだ( ̄д ̄)!? 日本人なら、何も考えなくても自然に「船長の無責任さ」と書けるはずです。それにしても、コスタ・コンコルディア号といい、セウォル号といい、大きな船舶で、救命ボートが装備されていればそれで安心かというとそうでもないような・・・。
 「船長の無責任」だけでも( ̄д ̄)ダラケ! なのに、NHKの番組で聞いたナレーションにも「無力を」「残酷を」などというのがありましたからね、一体どうなっているのでしょうか。詩や難解な言葉遣いの戯曲、そういった特別なものではなく、単なるナレーションですよ。皆さんは分かりますよね、「無力さを」「残酷さを」です。
 「事態は最悪へと向かっていた」は「見逃せない瞬間 ハイパーMAX」(フジテレビ)で聞いたナレーション。もぉ~やだぁ~、さ~いあっくぅ~、なんてね、言いますけれど、「最悪へ」なんて言いません。普通は「最悪の事態へ」ですが、「事態は」で始める言い方について考えてみましょう。
 ただし、「最悪」と言えるのは、最悪の結果になると予測できる場合であり、ゆえに、「事態は最悪の結果へと向かっていた」と言うわけです。もし、そこまで言えるわけではないというのなら、簡単に「最悪」なんて言わないで、「事態は悪化していった」ぐらいにしておいてほしいですね。
 「ニュース7」で「受け止めはさまざまです」と言った武田真一アナ。こういう言い方はたまに聞こえてきますよね、言っている人は、ひょっとして、今様とか、かっこいいとか思っているのではないでしょうか。私は違和感を覚えるだけなので、やはり「受け止め方はさまざまです」と言ってほしい、いや、NHKのアナウンサーなら「受け止め方は」と言うべきだと思います。
 「人前が苦手な」は「よみがえりマイスター」で聞いたナレーション、これもNHKです。さらっと聞き流してしまいそうですが、「人前に出ることが苦手な」と言うべき場面だったので引っ掛かりました。どうしても何か足りないという感じがしますからね、何でも省いていいというわけではないのです。
 「その活躍はとどまらず」は「白熱ライブ ビビット」で聞いたナレーション。活躍し続けるのですよね、次はどのようなことで活躍してくれるのでしょうか。その前に、今はどういう場面で活躍しているのか、そこを言ってくれないといけません。「その活躍は○○にとどまらず」の「○○に」が抜けています。それを省くなら、「その活躍はとどまるところを知らず」という言い方がありますよ。
 「独身の友達が僻みや妬みを言うようになり」は一般の人が書いたものです。「僻み」は「ひがみ」、「妬み」は「ねたみ」ですが、常用漢字表外の音訓は不親切なうえに、そもそも「ひがみやねたみを言う」は日本語として成立していません。実際にそういう言葉を発しているとしても、「独身の友達がひがんだりねたんだりするようになり」と書くのが日本人だと思うのですが、どうですか?
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ヨガ療法の奥にはかくも神... | トップ | 「○○の目は涙であふれていた... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

言葉についてあれこれ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。