北大路機関

京都防衛フォーラム:榛名研究室/鞍馬事務室(OCNブログ:2005.07.29~/gooブログ:2014.11.24~)

巨大ハリケーン“マシュー”中米ハイチで大被害が発生、犠牲者800名被害全容今なお把握できず

2016-10-08 20:51:46 | 防災・災害派遣
■ハイチ地震以来の危機
 我が国では今週に台風18号に伴う特別警報が沖縄本島地方へ発令されましたが、同じ頃、非常に大きな勢力を持つハリケーンマシューがカリブ海を北上しました。

 ハリケーンマシュー、中米のハイチを直撃しました。当初はそれほど被害報道が無かったのですが、これは単に通信がハリケーンにより途絶していただけのもので、昨日の時点で300名近くが死亡しており、被災者は推定35万名に達すると共に1万5000名以上が避難所へ退避していまして、主要幹線道路が被災し通行不能となっている為救助活動は停滞、情報収集に奔走している状況です。

 ハイチ国内では南西部のレカイとジェレミーに被害が集中しているとの事ですが、携帯電話の基地局破損により地域ごと通信不能となっている地域が多い為、被害の全容はつかめないということです。マシューは風速55m以上の突風により家屋などに重大な損害を及ぼしており、地震から漸く国家再建の端緒についているハイチへ大きな災厄となりました、アメリカやスペインなどは陸軍緊急展開部隊による人道支援を開始するとのこと。

 2010年のハイチ地震では、その御発生したコレラ蔓延と合わせ22万もの人命が失われ、大統領府を始め政府機関庁舎も多くが倒壊するなど甚大な被害を受け、我が国もPKO部隊を派遣した事は記憶に新しいですが、今回のハリケーン被害は2010年ハイチ地震に並ぶ人道危機に繋がる、国際赤十字などは警告しています。アメリカ海軍はサンアントニオ級ドック型輸送揚陸艦メサヴェルデを既に現地へ急行させているほか、ヘリコプター9機の緊急展開を開始しており、被災地域での食糧緊急搬送等を実施すると発表しました。

 ハリケーンマシューはそのまま北上し、フロリダ州を直撃しました。フロリダ州内では少なくとも住民300万人が避難し、約50万世帯が停電、ただ、勢力が弱まっているのと、連邦非常事態宣言の発令による避難が進んだことにより、大きな被害を免れたとのこと。直撃経路に在ったフロリダ州ジャクソンビルではハリケーンの進路から180km離れるよう避難命令が出ており、人口85万の市民の内半分がハリケーンの進路外へ避難、残る住民は市内の安全な場所で通過までを過ごしたとのこと。

 それでもアメリカ沿岸部では4名の犠牲者が出ました、ジョージア州とサウスカロライナ州及びノースカロライナ州でも非常事態宣言が発令されています。ハリケーンカテゴリーはハイチを蹂躙した際、五段階の四段階に当たる勢力を持っていましたが、アメリカに上陸した際には勢力を弱めました。それでも、本日日本時間午後の時点で、ハリケーンマシューは中心付近に風速48mの暴風圏を伴っています。

 ハイチの被害、確認が進むにつれて死者数が爆発的に増大し、南部の主要都市ジェレミーを中心に800名もの犠牲者が出ているとの事です。配置は首都ポルドープランスが地震被害から復興途上にある中米の最貧国で、今回のハリケーン被害は、同国の情勢をさらに不安定なものとさせる可能性があります、通信状態が悪く、自治体が把握した犠牲者もまだ政府災害対策本部へ報告できない事例が多く、今後も犠牲者は増大する可能性があります。

北大路機関:はるな くらま
(本ブログに掲載された本文及び写真は北大路機関の著作物であり、無断転載は厳に禁じる)
(本ブログ引用時は記事は出典明示・写真は北大路機関ロゴタイプ維持を求め、その他は無断転載と見做す)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平成二十八年度十月期 陸海... | トップ | 将来艦隊戦闘と巡航ミサイル... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。