熟年の文化徒然雑記帳

徒然なるままに、クラシックや歌舞伎・文楽鑑賞、海外生活と旅、読書、生活随想、経済、経営、政治等々万の随想を書こうと思う。

わが庭・・・椿タマグリッターズ咲く

2016年10月15日 | わが庭の歳時記
   今秋はじめての椿が咲いた。
   玉之浦のアメリカからの里帰り椿のタマグリッターズである。
   昨年より、1ヵ月早く咲いたのだが、いよいよ、椿のシーズン到来である。
   この椿は、千葉の庭から持ってきて移植したもので、新しい庭にも馴染んで、しっかりと存在感を示している。
   千葉の庭の玉之浦は随分大きくなって、毎年沢山の花を咲かせて、樹勢旺盛だったが、この椿は、まだ、1メートル50センチくらいの背丈なので、これからである。
   小さな昆虫がやって来て、花粉の採集を始めだした。
   
   
   
   

   昨年、兄弟のタマカメリーナを植えて、今年、タマアメリカーナの苗木を買って、鉢植えにしているのだが、今春、珍しくも、タマカメリーナが実を付けたので、実生にして育てようと思っている。
   挿し木や接ぎ木ではないので、雑種であろうが、どんな花が咲くのか楽しみだが、随分、時間がかかるのが、実生の難である。

   安達瞳子さんによると、日本人は、原種に近い一重咲きの筒状や椀状の簡素な椿を好み、三分や五分咲きを愛すると言うのだが、私の場合には、ばらからガーデニングに入り、ヨーロッパで花を好きになり始めた所為か、欧米人のように、八重咲き・千重咲き・獅子咲きなど派手な椿の方に興味が移って行きつつある。 

   日本原産の椿の花を、イギリスの庭園などでも随分見て驚いた。
   良く通ったキューガーデンにも咲いていたし、色々な椿を見てきたが、日本の椿が、最初にヨーロッパへ渡ったのは、16世紀に、ポルトガル人宣教師が持ち帰ったもので、欧米の洋椿は、それ以降、日本の椿が親になって作出されたのだと言う。
   「椿姫」のモデルとなったマリー・デュプレシは、余程、椿が好きであったのであろう、没後、発見された花屋の請求書は、一寸した家なら一年暮らせる数字だったと言うから、当時のパリでは、椿は、極めて貴重な花であったのであろう。

   しかし、この椿は、花にもよるが、蕾が開くと、すぐに、花弁が落ちてしまう。
   首が落ちるのを連想して、武士たちが、嫌ったと言うのだが、十三夜の月を愛でる中国の美意識の影響もあろう、茶花でも、蕾の椿を活ける。
   本当は、しっかり開花して生きる喜びを謳歌した椿花が一番美しいので、私は、そのつかの間の椿の輝きを愛でたくて、庭で育てて、切り花にして活けている。
   ガ―ディナーの楽しみである。

   私が住んで居たロンドンのキューガーデンの自宅には、大きな赤い椿の木が植わっていて、毎春、豪華に花をつけた。
   一枝でも持ち帰って、挿し木にすれば良かったのだが、当時は、その余裕がなく、帰国してから、印象のよく似た薩摩紅を買って、庭植えにした。
   その椿は、千葉に残したので、鎌倉に来てから薩摩紅の鉢苗を買って、庭植えにして、思い出を反芻している。
   とにかく、ばらもそうだが、椿が咲き始めると嬉しくなる。

   さて、わが庭で、今咲いているのは、ホトトギス。
   蕊が非常に特異な形をしていて、肉眼では気付かなかったのだが、マクロレンズで接写すると、蕊にびっしりと小さな水玉の様な球粒が付着している。
   神の造形の妙と言うことであろうか。
   
   
   
   

   木の実は、沢山のキウイとネズミモチくらいしかないのだが、メジロが飛んできて、梅の木を渡って、すぐに飛んで行く。
   つがいで飛んでくるのが、良い。
   
   
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鎌倉便り・・・鎌倉文学館のばら | トップ | ジョン・ミクルスウェイト &... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。