熟年の文化徒然雑記帳

徒然なるままに、クラシックや歌舞伎・文楽鑑賞、海外生活と旅、読書、生活随想、経済、経営、政治等々万の随想を書こうと思う。

わが庭・・・百日紅が咲いている

2017年08月10日 | わが庭の歳時記
   真夏の花の一つは、百日紅。
   わが庭には、白とピンクの百日紅が、2本植わっていて、今、綺麗に咲いている。
   酔芙蓉とムクゲの苗木を植えたのだが、葉が茂って、少し、背丈は伸びたが、咲くのは来年のようである。
   夏の花で思い出すのは、夾竹桃である。
   サウジアラビアのリアドの街路樹に植えられていて、あの熾烈な砂漠で生き延びる花木は、夾竹桃しかないと言った風情で、あまり、勢いはよくなかったが、凄い生命力であった。
   百日紅には、かなり、色彩のバリエーションがあるようだが、千葉の庭に植えた一才百日紅は、赤花であった。
   百日紅の面白さは、猿も滑ると言うつるつるした木肌だが、水分や栄養は、木部から上がると言うことであろうか。
   
    
   
   
 
   咲き続けているのは、カノコユリ。
   遅ればせながら、台湾ユリが、一斉に咲き始めた。
   鉄砲ユリの風情だが、ラッパ口が狭いので、華やかさはないのだが、庭一面に咲き始めると中々の雰囲気である。
   
   
   
   

   庭の散水栓の根元に、一本だけサルビアが陣取っていて、時折咲いてくれる。
   何の手入れもしていなければ肥料もやっていないのだが、一向に、衰える気配がない強い草花である。
   アジサイが、何故か、一房だけ木陰に残っていて咲いている。
   時折、蝶が舞い込んできて、小休止している。
   暑くてジーンとするわが庭だが、静かである。
   
   
   
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 観劇チケット取得が難しくな... | トップ | 海外生活や海外旅行への幻想 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。