熟年の文化徒然雑記帳

徒然なるままに、クラシックや歌舞伎・文楽鑑賞、海外生活と旅、読書、生活随想、経済、経営、政治等々万の随想を書こうと思う。

鎌倉便り・・・御霊神社から稲村ケ崎へ

2017年02月13日 | 鎌倉・湘南日記
   冬の鎌倉は、千葉に居た時よりも暖かくて、天気の良い日は、冬でも観光日和である。
   今日は、長谷寺近辺を歩くつもりで、鎌倉山からバスに乗ったのだが、長谷寺から御霊神社に出て極楽寺に抜け、極楽寺から歩いて、稲村ケ崎に向かった。

   御霊神社前の民家の梅が綺麗に咲いていて、御霊神社でも、まだ、小さい木だが、紅白の梅が植わっていて、楽しませてくれた。
   
   
   
   
   
   
   
   

   御霊神社の鳥居前の枝垂れ桜が咲いていて綺麗であった。
   何時も、面白いと思って見ているのは、鳥居のすぐ外、参道を江ノ電が横切っていることで、石段の途中を電車が走っているのである。
   オランダで、高速道路を、飛行機の滑走路が抜けているているのを見て驚いたが、そんな感じである。
   人力車のある石段の上が、江ノ電の線路なので、良く分かる。
   
   
   
    
   


   御霊神社から、極楽寺坂切り通しへ抜ける角に、一寸古風な菓子店力餅家がある。
   気になっていたので、入って、名物だと言う力餅と鶯餅を買って、食べてみたのだが、力餅は、いわば、あんころ餅で、鶯餅もそうだったが、非常に柔らかい餅で、美味しかった。
   
   
   
   

   さて、切り通しを抜けると、極楽寺の門前に至る。
   この寺は、参詣者オンリーと言うことだが、いつも門が開かれていて、自由に入れる。
   何故か分からないのだが、境内の写真撮影は禁止されている。
   ところが、境内に、「長谷梅まちめぐり 春こいキャンペーン2017」と言うチラシが置いてあって、①長谷の梅をめでると言うところに、長谷寺・光則寺・極楽寺と寺社名が書かれていて、チラシの反対側には、梅まちはせ&鎌倉のまちの写真 SPRIMG LOVE フォトコンテストと派手に書かれていて、写真を募集しており、この側が上向きにおいてある。
   尤も、①の脚注に、極楽寺境内では写真撮影が禁止されています。ご注意ください。と書いてあるのだが、果たして、この人を食ったようなキャンペーンを、真面な(?)寺がやることなのであろうか。
   文化都市である筈の鎌倉の民度を疑う。
   
   さて、江ノ電では、稲村ケ崎は、極楽寺の次の駅で、江の島の方へ街道を歩けばよいので、天気も良かったし、歩くことにした。
   交通の激しい湘南道路とは違って、稲村ヶ崎駅までは、比較的静かな住宅街の道路が通っているので楽に歩けた。
   稲村ケ崎入り口で湘南道路に出ると、目の前に太平洋が広がっている。
   左手に稲村ケ崎、右手に江の島。
   残念ながら、富士山は、雲が覆っていてよく見えなかったが、青い海が、豪快に波音を立てていて、眺望がすばらしい。
   稲村ケ崎突端に立って、しばらく、海を眺めていた。
   遠く大島が見える。
   
   
   
   
   
   
   
   

   その後、腰越に出て、義経が鎌倉に行けなくて、腰越状を書いたと言う万福寺を訪れた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国立劇場・・・文楽「曽根崎... | トップ | 鎌倉便り・・・義経・腰越状... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

鎌倉・湘南日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。