熟年の文化徒然雑記帳

徒然なるままに、クラシックや歌舞伎・文楽鑑賞、海外生活と旅、読書、生活随想、経済、経営、政治等々万の随想を書こうと思う。

わが庭・・・至宝咲く、そして、アメリカハナミズキ

2017年04月23日 | わが庭の歳時記
   今年買った椿で、一番上等な花は、「至宝」である。
   接木苗で、50センチ以上の背丈のある蕾付きの、かなり、しっかりした椿で、花が終わって落ち着いた頃に、庭に植えようと思っていて、今、陶器鉢に移植したままにしている。
   蕾と新芽が、多過ぎたので、先のことを考えて、大分、摘んで整理したのだが、樹勢も強そうなので、育ちそうである。

   まだ、今日現在、完全に咲き切ってはいないのだが、典型的な「至宝」の見本花とは、花弁の先端が、丁度、玉之浦のように、白覆輪になっていないところが、違っている。
   花形は同じようなので、分からないが、大きくなって、花が沢山咲き始めたら、花姿も変わるかも知れないと期待することにしている。
   いずれにしろ、凛とした非常に風格のある花である。

   見本の花姿をネット写真から、借用すると次のとおりである。
   しかし、ネットの「至宝」の写真の大半が、私の「至宝」の写真のように、白覆輪のない花姿なので、バリエーションがあるのであろう。
   

   私の「至宝」の写真は、次の通り。
   開花前の宝珠咲きも素晴らしいし、
   赤紫に近い京都の雅を思わせる優雅な風格のある花色で、大きくなって切り花にして、生けて楽しめると思っている。
   
   
   
   
   

   私の庭の椿は、今、最盛期である。
   綺麗に咲いていて、楽しませて貰っている。
   後、残っているのは、ブラックマジックだけだが、まだ、蕾は固い。
   
   
   
   
   
   
   

   一気に咲きだしたのは、アメリカハナミズキである。
   白やピンクの花のように見えるのは、苞で、実際の花は、真ん中の小さな蕊のような部分で、木が高いので、良く見えない。
   隣のヤマボウシは、まだ、花の気配はない。
   トキワマンサクが、複雑な花姿で、風に揺れていて、面白い。
   
   
   
   
   
   
   
   華道には縁がないので、生けるなどと言う大それた思いはないのだが、ヨーロッパに居た頃から花瓶や花活けには、興味を持って買っており、花については、結構多くの美術館を巡って、素晴らしい花の絵画を見続けているので、適当に切り花にして、庭の花木や草花を摘んで、挿して楽しんでいる。
   玄関の出窓のピアノとヴァイオリンの位置が逆だが、バランスを意図して、多少、気を使ったりはしている。
   
   
   
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ピーター ナヴァロ著「米中も... | トップ | 安野光雅著「空想亭の苦労噺」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

わが庭の歳時記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。