熟年の文化徒然雑記帳

徒然なるままに、クラシックや歌舞伎・文楽鑑賞、海外生活と旅、読書、生活随想、経済、経営、政治等々万の随想を書こうと思う。

世界らん展・・・日本大賞2017

2017年02月11日 | 展覧会・展示会
   国立能楽堂の能狂言の公演の後、東京ドームの世界らん展に出かけた。
   初日なので、かなり混んでいたが、私の場合は、閉園1時間くらい前に行って、一周りするだけなので、その頃には、適当に空いていて問題ない。
   今回は、入場門のところは、宝塚の担当とかで、歌劇団のプリマの衣装が飾られていて、一寸、毛色が変わって興味深かった。
   とにかく、入場門を潜った後のデコレーションも、美しかった。
   
   
   
   
   
   

   今年の日本大賞は、デンドロビュームグロメラタム”ロングウェル”
   綺麗なデンドルビュームである。
   蕊のところの赤い実のようなポイントが、中々良い。
   
   
   
   

   今年も、假屋省吾が「蘭の世界」、志穂美悦子が「阿吽」を展示していた。
   夫々、見方によって面白いが、私は、志穂美悦子の方が、好みであり、美しいと思って眺めていた。
   
    
   
   
   
   
   

   日本の美のコーナーで、日本いけばな三大流派が、特別企画展示をしていた。
   全く違った雰囲気の作品だが、私など保守的なのか、池坊のようなクラシックな雰囲気の方が好きなのだが、豪快な感じのいけばなも面白いと思った。
   次の写真は、小原流、草月、池坊の作品である。
   
   
   
   

   展示場のディスプレィ部門の模様は、次のようなものだが、今回は、スケールの大きな展示が多かったように思う。
   
   
   
   
   
   
   

   個別部門は、色々な花が展示されているので、個々の花を見て歩きながら写真を撮るのが楽しい。
   尤も、名札などが邪魔になったり、気に入った花が思うような位置になかったりで、結構写真にするのが難しい。
   日本大賞のブースの両翼に、優秀な作品のトロフィー賞のブースがあるのだが、このひな壇の花は、夫々特徴があって面白い。
   
   
   
   
   

   どこにあった花だったか、花の名前も覚えていないのだが、主にトロフィー賞コーナーの写真だったと思う。
   個々にシャッターを切った花の写真を列挙しておきたい。
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« わが庭・・・椿がほころび始める | トップ | 国立劇場・・・文楽「曽根崎... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

展覧会・展示会」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。