熟年の文化徒然雑記帳

徒然なるままに、クラシックや歌舞伎・文楽鑑賞、海外生活と旅、読書、生活随想、経済、経営、政治等々万の随想を書こうと思う。

フラワーセンター大船植物園・・・モミジ、シャクナゲが美しい

2017年04月19日 | 鎌倉・湘南日記
   先週、フラワーセンター大船の桜について書いたが、この日、桜だけではなく、新緑が映えて美しかったし、シャクナゲが、極彩色の美しい風景を現出していた。
   一週間前なので、大分、フラワーセンターの花風景は、変わっているかも知れない。

   まず、私が真っ先に行くのは、椿園。
   もう、最盛期は過ぎたのか、パッとしなかったが、一輪一輪撮ったショットは次の通り。
   
   
   
   
   
   
   

   この椿園の道を隔てた対面の小高くなったモミジ山が、芽吹いた新緑のもみじが萌えていて、非常に美しく輝いていた。
   梅ヶ枝と言うモミジは、芽吹き始めから鮮やかな赤色で、あたかも、秋の紅葉のような風情で、他のモミジの新緑とのコントラストが美しい。
   他にも、暖色系統の芽吹きのモミジも混在していて、そのグラジュエーションが、陽を浴びて輝いている。
   アメリカ赤花トチノキが、モミジに交じって咲いている。
   
   
   
   
   
   
   
   
   

   その下草の花壇には、咲き残りと言った野性的な雰囲気で、草花が咲いていて、一寸したムードを醸し出していて面白い。
   ムサシアブミなど興味深い植物が、顔を覗かせている。
   
   
   
   
   
   

   モミジ山の外れに、シャクナゲもどきが咲いていた。
   それに、今は、桃の季節で、桜とのコントラストが美しい。
   
   
   
   

   シャクヤク畑は、まだ、花は咲いていなかったが、牡丹園では、黒皮紅が、綺麗に咲いていた。
   咲き始めの牡丹もあったが、もう、一週間経つので、他にも咲き始めているかも知れない。
   その隣では、つつじが咲いていた。
   
   
   
   

   もう、一つ面白いと思ったのは、盆栽コーナーの花木が、リンゴなど綺麗な花を咲かせていて、綺麗であったこと。
   
   

   何と言っても、今の花盛りは、シャクナゲ。
   つつじやさつきの仲間であろうが、木が大きくて、大型の花がびっしりと咲くので、豪華さが違って、とにかく、目立って風景を圧倒している。
   キューガーデンなど、イギリスの公園や植物園でも、派手に咲いていたのだが、私の好みではないが、春の代表的な花なのであろう。
   
   
   
   
   
   
   
   
   
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« わが庭・・・天賜、紺侘助、... | トップ | 机の上に載っているカメラに... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。