色々感想屋

色んな妄想や感想をイラスト付きでぼちぼちと。

子役から大人へ~ありえない変貌編

2017年04月20日 | 韓流
韓ドラででは子供時代から始まることが多いため、最初の数話は子役が演じることが多い。そして大体はすんなり大人へ移行できるように似たタイプの子役が演じている。


そのはずなのだが。


たまに「なぜこの子役がこんな風に成長しちゃったんだよ」とアゴが外れかける例があったりする。


何がどうしてこうなった!?

韓ドラ・三大がっかり大人



その1「ジャイアント」ソンモ


言わずと知れた名作「ジャイアンツ」からは主人公の兄ソンモが登場です。

ジャイアント自体はとっても面白いんですよ。私の中ではチャングムと匹敵するくらい。父を殺された復讐と建設業界でのし上がっていくサクセスストーリー、それに兄弟の情愛や敵の息子と妹の恋愛etc..次の回が待ちきれないくらいの怒涛のストーリー。

主人公がイケメンじゃないってことが全く気にならない、いやだんだんイケメンに見えてくるからまた不思議。


主人公のガンモも子役のイケメンっぷりから打って変わってのこの登場。




これがこれ。




しかし、そんなのがどうでもよくなるのがこの兄のソンモの変貌ぶり。




はい、大人。




いきなり丸顔。遺伝学をすべて無視のスーパー配役。でもこんな彼でも最終的に受け入れられるのはやっぱり脚本が素晴らしいからでしょう。




その2「根の深い木」王様


白いお肌がひたすら麗しいソン・ジュンギssiが青年時代を演じます。暴君である父親に抑圧されている若き王の役がホントにぴったり。でも成長すると、というかいきなり老化します。




このお姿が一気にこれに。




少年からいきなりの老人。人生の無常ここに極まれり。なんでソン・ジュンギのままじゃダメだったんだろう?もう一人の主役チャン・ヒョクとバッティングするからか?


日本の刑事ドラマでは、華がないって理由で無駄に女性刑事が出てきたりするけど、この老人ドラマを見てその意味がわかった気がする。常に老人たちしか画面に映らないとなんかクローズアップ現代「老老介護の現実」を見ているような気分になる。


あ、ストーリーはとっても面白いのでご心配なく。ハングル創生の謎解きも絡んでいて推理ファンも楽しめます。


でもいくら歴史上晩年の話だったとしても、若い時代に作り替えるのはできなかったのかな?タイムスリップは平気でするのにそこら辺は史実に忠実なのね。




その3「客主」ソゲ


チャン・ヒョク演じるチョン・ボンサムが客主と呼ばれる一流の商人を目指すお話です。


チャン・ヒョクも子役から切り替わった時に全く若者に見えないっていうサプライズがあったけど、このソゲを見たらそんなものは吹き飛んだ。




これがこれに。




このていたらく。不幸が人を変えたのか?いや、変わりすぎだろ。悪役だからこいつでいいと思ったのだろうか。悪役商会なのか。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 誰がトナカイをいじめたか | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。