平地治美の漢方ブログ 

漢方(漢方・薬膳・鍼灸...)全般についてのブログです。コメント大歓迎。


朝日カルチャーセンター新宿「歯と漢方」3月3日開催

2018年02月15日 | お知らせ
朝日カルチャーセンター新宿「歯と漢方」

3月3日 18時〜19時半
会員 3,024円一般 3,672円
 (お申し込みは上記サイトから朝日カルチャーセンターへお願いします)

歯に関する漢方処方や養生の考え方を学び、
生薬を使った歯磨き剤を作りお持ち帰りいただきます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第3回伝統鍼灸臨床セミナー「産婦人科における診察・診断・治療 その1」 -不妊症 つわり 逆子 安産の鍼灸-

2018年02月11日 | お知らせ
医療関係者へのお知らせです。
私は漢方・食養生を担当させていただきます。

 第1、2回伝統鍼灸臨床セミナーは、鍼灸臨床で最も多い症状である腰下肢と頚肩背部の異常を取り上げました。運動器系疾患が続きましたので、今回は産婦人科系を取り上げます。こちらも臨床の現場で多く出会う主訴のひとつです。具体的には、妊娠前の不妊症、妊娠中のつわり(悪阻)や逆子等の診察・診断・治療に関して、また、妊娠中の健康管理の仕方、安産の鍼灸に関する講義と実技公開を行います。
このセミナーは初学者向けの講座です。伝統的鍼灸治療の実際に興味のある学生、卒後数年の鍼灸師、初心に帰って学ぼうと思われているベテラン鍼灸師の先生方、前回に引き続き受講をお待ちしています。もちろん新規の受講は大歓迎です。尚、本セミナーに対する2回のアンケート調査を踏まえて、さらに充実したセミナーを企画しました。

日 時:平成30年3月4日(日)13:00〜18:00(受付開始12:30)
場 所:東京医療福祉専門学校(東京都中央区八丁堀1丁目11-11)
定 員:100名(先着順)
参加費:
【一  般】10,000円
【会  員】 5,000円
【一般学生】 6,000円
【会員学生】 3,000円


「産婦人科における診察・診断・治療 その1」
-不妊症 つわり 逆子 安産の鍼灸-

1)【講義】伝統鍼灸の統一理論を目指して

「妊娠前後の診察、診断上の留意点と治療方針」 形井秀一(日本伝統鍼灸学会会長)
「妊娠前後における四診法」 和辻 直(日本伝統鍼灸学会理事・学術部副部長)

2)【伝統鍼灸の実技公開】

「妊娠前(不妊症等)の診察、診断、治療の実際)戸ヶ崎正男(日本伝統鍼灸学会副会長・学術部部長)
「妊娠中の健康管理の仕方と安産の鍼灸」
 ・「妊娠中の健康管理と安産の漢方と食養」 平地治美(日本伝統鍼灸学会理事・学術部)
 ・「妊娠中の健康管理と安産の鍼灸」 手塚幸忠(日本伝統鍼灸学会学術部)
「妊娠中(つわりから逆子まで) の診察、診断、治療の実際」 形井秀一・前田尚子(あゆみ鍼灸院・歩海(あゆみ)助産院院長)

(敬称略)

<注>以上の内容は予告なく変更する場合があります。予めご了承ください。

■懇親会

セミナー終了後に懇親会を予定しております。
さまざまな先生方と直接お話ができる機会です。
講演される先生方ともっとお話をしたい方や、当会にご興味のある方など
是非ご参加ください!


※日本伝統鍼灸学会への当日入会も受付けています。
学生の方は学生証をご持参ください。

セミナー当日の学会への入会手続きは2018年度の会員としての受付となります。※セミナーは会員区分で受講できます。
その際、参加費は一般区分でお振込いただき、当日差額をご返金させていただきます。

今年度卒業予定の学生がセミナー当日に当学会へ入会をした場合、2018年度は学生区分として処理をさせていただきます。
正会員では入会金4,000円+年会費10,000円ですが、学生会員では年会費6,000円のみとなります。
※2019年度からは正会員となりますのでご注意ください。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成29年度日本東洋医学会千葉県部会のご案内

2018年01月08日 | お知らせ
日 時:平成
30年1月28日 13時〜
場 所:千葉市生涯学習センター
(JR千葉駅「中央改札」を降りて、「千葉公園口」から徒歩8分 ・千葉モノレール「千葉公園駅」から徒歩5分)


開会の辞、総会 13:00-13:20

特別講演1 13:20-14:20
「温散薬による表湿裏燥」 大友内科医院 院長 大友 一夫 先生
座長 笠原クリニック 院長 笠原 裕司 先生

特別講演2 14:30-15:30
「現代医学に漢方の知恵を生かすー日中の伝統医学の比較を通してー」
京都大学人文科学研究所付属東アジア人文情報学研究センター 武田 時昌 先生
   座長 千葉中央メディカルセンター 和漢診療科 部長 寺澤 捷年 先生

教育講演3 15:40-16:40
「麻黄の国産化研究の現状について」
東京農業大学農学部バイオセラピー学科 御影 雅幸 先生
   座長 千葉大学環境健康フィールド科学センター 池上 文雄 先生

閉会の辞 16:40-16:50

日本東洋医学会 専門医受験単位1単位、日本東洋医学会 専門医資格更新点数10点、 薬剤師研修センター認定薬剤師研修会シール2点


参加費 3,000円(学生無料)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「鍼灸OSAKA」に掲載されました

2017年12月26日 | お知らせ
鍼灸OSAKA127号 パーキンソン病とQOL
クリエーター情報なし
森ノ宮医療学園出版部



「鍼灸OSAKA127号」パーキンソン病についての記事を書かせていただきました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「週刊朝日」に掲載されました

2017年12月12日 | お知らせ
週刊朝日 2017年 12/22 号 [雑誌]
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



今日発売の週刊朝日(12月22日号)
「年末年始の不調に効く! ツボとお灸のコツ」
に掲載されました。

自分でできる養生法についてもお話しさせていただきました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「からだにいいこと 2018年1月号」に掲載されました

2017年11月22日 | お知らせ
からだにいいこと 2018年1月号

付録の「冷えとりbook」に以前の記事が再掲載されました。
過去に好評だった冷えとりの記事をまとめてくださったそうです。
色々な角度から冷えとりを取り上げてあり、他の先生の記事も
とても勉強になりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コ2・やさしい漢方入門 腹診第9回

2017年11月14日 | お知らせ
コ2・やさしい漢方入門 腹診第9回

本日公開されました。

今回は「お腹のセルフケア」です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「漢方の臨床」10月号に掲載されました

2017年10月30日 | お知らせ
「漢方の臨床」10月号

9月号に引き続き、イエマイル(下)が掲載されました。

このイエマイル連載には濱口先生の新発見もさりげなく載せられております。

写真も良く撮れていますので保存版ですね。

このところ査読が厳しいと評判の「漢方の臨床」誌に上下掲載されたのは

ひとえに濱口先生のおかげであります。

今後の益々のご活躍が楽しみですね。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

11/17(金)19時【第3回】公開講座『漢方のオロナイン!!紫雲膏(しうんこう)を作ろう』

2017年10月25日 | お知らせ
東洋鍼灸専門学校公開講座で紫雲膏を作ります。

ご興味がある方はこのブログでは受け付けておりませんので、学校に直接お申し込みください。

皆さんと年1回、母校で紫雲膏を作るのが恒例行事となりつつあり、嬉しい限りです。

どうぞよろしくお願いいたします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第27回漢方治療研究会 祝!濱口昭宏先生

2017年10月02日 | 学会 勉強会


テーマ:「語り合おう 臨床の醍醐味を」

一般演題もハイレベルなものばかりでしたが、
矢数芳英先生(温知堂矢数医院)現在に活かせる臨床応用 ~森道伯(一貫堂)から学ぶ
加島雅之先生 (熊本赤十字病院 総合内科・総合診療科)八味丸の適応病態とは!? -補腎の代表ではなかったものが、治療できるもの-

どちらも素晴らしい講演でした。

そして!
先日イエマイル記事掲載で紹介させていただいた濱口昭宏先生が
第21回東亜医学協会学術奨励賞を受賞!

自分ごと以上に嬉しく、お祝いに駆けつけました。


シンポジウム「医案を語る」
司会 伊 藤 隆 (東京女子医科大学 東洋医学研究所)

は初の試みの、大変面白い企画でした。
処方決定までの思考過程の大切さを参加者皆で共有できました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「漢方の臨床」9月号に掲載されました

2017年09月27日 | お知らせ
漢方の臨床9月号 まだ9月号目次は更新されていないようですが、
1095ページ「著名医家居宅跡探訪記 楽しいイエマイル(上)」
に濱口昭宏先生と共著での掲載です。
今月と来月に渡っての掲載となります。

共著と言っても、私はただ付いて行っただけ(笑)。
医家の選定、下調べ、調査・執筆は全て濱口先生にしていただきました。

今年3月に終了した京都大学での伝統医療研究会に濱口先生も参加されていましたが、
研究会は午後からなので、午前中は濱口先生と墓参(ハカマイル)をするようになり、そして
最終的にはイエマイル(居宅跡探訪)という新たな境地に到達したのでした。

私が京都駅に到着するのが9時過ぎからお昼までの約3時間、毎回完璧なプランで全く無駄なく
多い時には6箇所くらいの場所を巡ります。
私のいい加減な撮影によるピンボケ気味の写真とは違い、三脚をセットし良いカメラで撮影する
ので写真も綺麗です。

今回のイエマイルはブログで公開するだけではもったいない内容と思い、
このブログでも掲載を差し控えておりました。
紙面で論文として発表すれば形として残り、流用されることもありません。

濱口先生は私と同じ干支ですが、一回り下。
自分より若い師というのは、知識とともにパワーをもらえる有難い存在です。

今週は濱口先生関連でもう一つサプライズがあります、そちらも乞うご期待!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コ2 腹診入門第8回

2017年09月09日 | お知らせ
腹診入門第8回

公開中です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朝日カルチャーセンター新宿「瘀血と漢方」

2017年09月06日 | お知らせ
瘀血と漢方

一般の方向けの講座です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サロン会のお知らせ

2017年09月05日 | お知らせ

今回講師に、鮎澤聡先生と平地治美先生にお願いしました。
日時 2017年9月10日(日曜日) 受付開始 午後1時から
第一部  午後1時20分から 平地先生「漢方と食養生」
第二部  午後2時30分から 鮎澤先生「生体コヒーレンスとつながりー現象における活動と潜在的な機能―」(終了は午後4時頃を予定しています)
会場 船橋市勤労市民センター 1階展示室で行います。
   JR総武線 船橋駅南口より徒歩5分 京成船橋駅東口より徒歩3分
所在地 船橋市本町4-19-6  会場の電話番号 047-425-2551
注意事項 イスは有りますが、机は有りません。館内では禁煙です。その他不明な点は連絡下さい。
定員 40名(予約制)電話で事前予約をお願い致します。
サロン会参加費用 無料です。
連絡先 金子指圧治療院 金子武良  電話番号 047-424-6129 携帯090-1119-8628

講師 鮎澤聡 プロフィール 1961年生まれ 茨城県在住 医師
1986年筑波大学医学専門学郡卒業。1998年筑波大学大学院博士課程医学研究科卒業。日本脳神経外科学会認定医。日本臨床神経生理学会認定医(脳波部門)。2012年より筑波技術大学保健科学部准教授、筑波大学付属病院臨床教授(病院)。専門は機能神経外科治療であるが、秩序生成や自然治癒力といった生体の機能や機能的疾患の治療に関して、学術的なアプローチを試みている。人体科学会前会長です。
鮎澤先生が人体科学会第25回大会(中央大学にて)に於いて発表された「『つながり』から出発する医学と自然治癒力」の話を聞き、その中でコヒーレンスと自然治癒力の話がありました。今回、鍼灸師や指圧師等がより関心を抱くお話しを聞かせて頂ける事と思います。時間も大会の時よりも多めにあります。さらに今回は、メトロノームを使ったつながりや治癒のモデル実験を当日に行う予定です。もう一度お聞きしたい方や大会に参加出来なかった方でお聞きしたい方々など多くの参加者をお待ちしています。

講師 平地治美 プロフィール 1970年生まれ 千葉市在住 薬剤師 鍼灸師
明治薬科大学薬学部卒業後、漢方薬局勤務を経て東洋鍼灸専門学校に入学。不妊の漢方治療の大家である寺師睦宗先生に漢方、石原克巳氏に鍼灸、クリシュナU.K氏にアーユルヴェーダ医学を学ぶ。和光治療院・漢方薬局代表、千葉大学非常勤講師、京都大学伝統医療文化研究班員、日本伝統鍼灸学会理事、漢方三考塾講師をしています。
 以前、平地先生から水野南北氏の食に関するお話を聞き、食養に興味や関心が起こり今回お願いしました。食養に付いて関心や興味のある方々の参加をお待ちしています。

 今回、2講座同時開催となります。会場の関係上、定員が40名となります。参加希望の方々は早めにご連絡お待ちしています。
手技療法研究会 代表 金子武良
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「週刊大衆」に掲載されました

2017年08月01日 | お知らせ
週刊大衆 2017年 8/14 号 [雑誌]
クリエーター情報なし
双葉社



熱中症もエアコン病も無縁の「快適猛暑回避術」
「適正温度28℃は本当に正しいのか!?徹底検証」

にコメントさせていただきました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加