ラマディ:米軍がアンバル大学の基地から避難開始/イラク・レジスタンス・レポート

2006-11-17 19:10:05 | イラク

□□■□□□□□□■□□□□□□■□□□□□□■□□□□□□■□□□□□
イラク・レジスタンス・レポート Iraqi Resistance Report 日本語版
  編集&発行 山本史郎/イラク情勢ニュース
  イラク・レジスタンス・レポート(web)
  http://www.geocities.jp/uruknewsjapan/Iraqi_resistance.html
□□□□■□□□□□□■□□□□□□■□□□□□□■□□□□□□■□□□
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
2006/11/17 (金)

        ※ きょう紹介する主な内容 ※

☆イラク・レジスタンス・レポート 11月15日付

◆ラマディ: 米軍がアンバル大学の基地から避難開始
◆ラマディ: 米軍が州保健局長を逮捕、レジスタンス支援の容疑
◆ラマディ: 米軍空襲による虐殺数は37人に
◆ハディッサ: レジスタンスの狙撃手が米兵を射殺

-----------------------------------------------------------------------
□イラク・レジスタンス・レポート 2006年11月15日 水曜日
■Iraqi Resistance Report for events of Wednesday, 15 November 2006
-----------------------------------------------------------------------
http://www.albasrah.net/en_articles_2006/1106/iraqiresistancereport_151106.htm

●アンバル州 Al-Anbar Province

◆ラマディ: 米軍がアンバル大学の基地から避難開始
US forces begin evacuation of base at al-Anbar University in ar-Ramadi

 イスラム・メモは15日午後6時35分(メッカ時間)の速報で、米軍は何週間もレ
ジスタンスによるロケット弾の集中攻撃を受けたあと、バグダッド西方110キロに位
置するラマディ西の基地から撤退したと伝えた。

 イスラム・メモのラマディ通信員は市内タミン地区に住む目撃者の話として、米軍が
市の西にあるアンバル大学に設けた基地の撤収を始め、基地内の物資と車両を運びだし、
背の高いコンクリート製バリケードとワイヤ製の防壁、施設内の警報とつながった監視
カメラを車で牽引中だとレポートした。

 目撃者は、アメリカ軍が既に100台以上の軍用車を撤退させたが、撤収作業はまだ
続いていると報告した。


◆ラマディ: 米軍が州保健局長を逮捕、レジスタンス支援の容疑
US occupation forces arrest Director of Public Health in al-Anbar Province on charges of supporting the Iraqi Resistance

 イスラム・メモは15日午後8時16分の速報で、先ほど、米軍がラマディ総合病院
を襲撃し、アンバル州の保健局長を9人の医師、スタッフと一緒に逮捕したと報道した。

 イスラム・メモのラマディ通信員は医療関係者の話として、米軍が病院を襲い、州保
健局長と医師、スタッフを拘束する前に、アンバル州保健局の室内のほとんどを壊した
と伝えた。

 ある情報提供者は匿名を条件に、アメリカ軍は保健局長が負傷したレジスタンス戦士
に治療をおこない酸素ボンベを密かに提供した容疑をかけており、レジスタンスはそれ
を使って米軍車列を狙った爆弾を製造することができたと疑っていると話した。

 13日から14日にかけて市内の住宅地に爆撃がおこなわれて37人の地元住民が死
亡したあとのできごとである。


◇ラマディ: レジスタンスが米軍装甲車をロケット弾で破壊

◆ラマディ: 米軍空襲による虐殺数は37人に
Death toll in American massacre in ar-Ramadi rises to 37

 13日夜から14日朝にかけてラマディでアメリカ軍が虐殺したラマディ市民の数は、
病院でさらに数人の犠牲者が志望したことから37人にのぼった--イスラム・メモが
15日午後3時46分の速報で伝えた。14日時点では、その死亡者数は30人とされ
ていた。

 イスラム・メモの通信員は、アメリカ軍の砲・爆撃で行方不明になった2人がまだ発
見されてないために、遺体の捜索活動は15日夕方も続けられたとレポートした。

 市内の住宅地への攻撃に続いて、米軍は救急車に発砲し、さらに破壊された地域にか
けつけ死傷者を搬送しようとしたトラックにも銃撃した。これは緊急車両が人道的任務
を遂行するのを認めるよう地元モスクが要請したのを拒絶する行為でもあった。

※イラク・レジスタンス・レポート 11月14日付
http://www.geocities.jp/uruknewsjapan/06_Resistance_Report_20061114.html

※ロイター Iraqis say 30 killed in U.S. raid at Ramadi http://www.alertnet.org/thenews/newsdesk/L14466597.htm

◇ファルージャ: レジスタンスの爆弾が米パトロールを襲う
◇ファルージャ: 米海兵隊が大規模急襲・捜索を展開


◆ハディッサ: レジスタンスの狙撃手が米兵を射殺
Resistance sharpshooter kills US soldier in al-Hadithah Tuesday

 イスラム・メモは15日午後1時37分の速報で、イラク・レジスタンスの狙撃の名
手が14日、バグダッド北西236キロのハディッサ市内で米兵を射殺したと伝えた。

 イスラム・メモのハディッサ通信員は地元目撃者の話として、歩いてパトロールして
いた米兵が市内の鉄橋近くを移動していたとき、アメリカ兵の1人がレジスタンスの狙
撃手から首に直撃弾を受け即死した。

◇ハバニヤ: レジスタンスが米軍基地を攻撃


●バグダッド Baghdad
◇レジスタンス戦士が親米バドル旅団の指揮官を殺す
◇米軍が大規模な捜索・拘束作戦を展開

●サラハッディン州 Salah ad-Din Province
◇サマッラ: 傀儡警察が射殺される

●ディヤラ州 Diyala Province
◇マダイン: レジスタンスが治安部隊と民兵の車を待伏せ

●タミン州 At-Ta’mim Province
◇キルクーク: 米軍と傀儡警察が急襲作戦
◇ 同 : レジスタンスの爆弾が警察車両を破壊
◇ 同 : レジスタンスが傀儡警察を射殺

●ニネベ州 Ninwa Province
◇モスル: イラク人女性ジャーナリストが殺される
◇モスル: ブービートラップで警察が死亡


―――――――――――――――――――――――――――――――――――
□□□□■□□□□□□■□□□□□□■□□□□□□■□□□□□□■□□□
オリジナル(英字):
  http://www.albasrah.net/moqawama/english/iraqi_resistance.htm
  英語への翻訳・編集 Muhammad Abu Nasr
日本語版はイラク情勢ニュース(URUK NEWS)のコンテンツです
  http://www.geocities.jp/uruknewsjapan/index.html
  メール宛先 uruknewsjapan@ybb.ne.jp
□□□□■□□□□□□■□□□□□□■□□□□□□■□□□□□□■□□□
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« JR 採用差別事件、 ILO 勧告... | トップ | 抗議声明・多数の暴力は教育... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

イラク」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。