前ドイツ軍司令官:英軍とオーストラリア軍の撤退でイラクの多国籍同盟軍は崩壊/アラビアニュース

2006-10-19 23:19:58 | イラク

英軍のダナット参謀総長は先週、われわれの駐留はイラクの治安問題を悪化させるので、すぐに」イギリス軍は撤退すべきだ、と最近語ったばかりだが、ドイツの前司令官がイラクの多国籍同盟軍は崩壊すると爆弾発言をした。18日付のサウジアラビアのアル・リヤード紙などが報じた。

------------------  

ドイツ軍のハラルド・コヤート前司令官はサウジアラビア国営通信社に、「イラクでの失敗に関して英軍とオーストラリア軍の司令官が自国政府を非難したことは、両国がイラクから撤退に向けた第一歩だ」と論じた。 

コヤートは「米国の2大同盟国である両国がイラクから撤退するのは時間の問題だ。英国は国民に対しての面子を立てるために撤退は段階的になる」と語ったが、「ジャングルの掟」が支配するこの国から両国軍が撤退した後、その他のイラク占領参加軍隊がどうなるかは言及を避けた。 

「イラク侵略に参加した全ての国は、その冒険で重大な過ちを犯した。何故なら、イラクに民主主義と自由を植え付けるという政策は致命的に失敗し、安全の代わりに恐怖が支配するようになったからだ」 

「民族と宗派別によるイラク3分割は、中東全域を宗派と民族による小国家に分裂させる第一段階だから、アラブ諸国の政治家はイラク分割を避けるようイラク人政治家たちが意見をすり合わせるよう努力する必要がある」  「イラクはアルカーイダであろうと他の組織であろうと全てのイスラム分子などの温床になった。イラクは例え分割されても、10年間は治安が回復することは無い」 コヤートは米国の世界政策の反対者とされている。

http://www.alriyadh.com/2006/10/18/article195138.htmlhttp://www.islammemo.cc/news/one_news.asp?IDNews=129255

---------

ブレア首相は18日「英軍はイラクから段階的に撤退する。残留するとイラク人を挑発することになるかもしれない」と語った。ラムズフェルド米国防相は記者会見で18日、勝利を実現するには軍事力だけではなく、最終的には政治的な解決策が必要と語った。17日夜アフガニスタン駐留英軍司令官バトラー将軍は、「イラク戦争のためにアフガニスタンの我が軍は敗北している」とブレアの政策を非難した。数日前に、バスラ・ネットは英軍が戦車を自国に引き上げていると報じた。

【アラビア・ニュース】  齊藤力二朗 転載は一日1記事、再転載は見出しと序文、URLのみに限定

http://groups.yahoo.co.jp/group/arabianews/

『中東』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ベーカー委員会、イラク戦争... | トップ | 琉球独立党抗議声明 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

イラク」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。