北朝鮮核実験「素晴らしい実験だ」と朝鮮総連島根委員長/朝日新聞島根版

2006-10-11 22:45:15 | 北朝鮮
北朝鮮 核実験を強行/島根県、モニタリング強化/「ミサイル発射に続き、核実験まで強行するとは」――。北朝鮮が9日発表した「核実験」の実施。放射能の飛散や日本海での操業に危険はないのか。日本海をはさんで高まる脅威に、県民からは怒りや戸惑いの声が聞かれた。


 ■放射能調査を強化


 「核実験」の知らせは、県には9日午前11時53分、消防庁からファクスで届いた。県は9、10の両日、18の課や研究所などの危機管理担当者らの会議を開き、放射能の県内への飛散を調べるモニタリング調査を強化する方針を確認した。


 モニタリングは松江、益田両市や隠岐の島町の13地点にある測定装置を活用。大気中の浮遊塵(じん)や放射性ヨウ素などのサンプリング調査もこれまでの月1回から毎日に増やす。結果は県のホームページで公表する。


 海外出張中の澄田信義知事は「朝鮮半島に近い本県にとって、県民の安全を脅かし、大きな不安を与えるものだ」とのコメントを出した。


 中国電力島根原発(松江市)では、敷地の境界線上に配置した6機のモニター装置で空気中の放射線量を観測している。「核実験」の報道後は、空気を吸い込んで放射性物質の濃度を測る装置を使った調査も実施。当面、放射線管理の担当者が24時間態勢でモニターを監視し、異常があればすぐに県や国に報告することにしている。


 ■風評被害を懸念


 県水産課は9日、各漁協にファクスで注意を呼びかけた。日本海で操業中の漁船約480隻の無事が確認されたという。


 JFしまね浜田支所によると、北朝鮮近くで操業している漁船はなく、10日も出漁は続いた。「今後放射能の汚染がないか心配だ。ミサイル発射に続く核実験の強行で憤りを感じる」と同支所の職員は話した。


 同浦郷支所も「洋上にどんな影響があるのかわからないので、今は静観するほかない。日本海にマイナスイメージを持たれて、消費者の買い控えにつながらなければいいのだが」と心配していた。


 ■抗議行動・声明も


 市民や労働組合などでつくる「フォーラム『平和・人権・環境』しまね」(杉谷肇代表)のメンバー約20人は10日夕、JR松江駅前で歩行者らに、「いかなる核開発、核実験も断固反対する」としてビラ200枚を配った。


 原水爆禁止県協議会(県原水協)は「新たな緊張を生み出す危険極まりない行為。北朝鮮が直ちに核開発をやめ、6カ国協議に戻るよう求める」との声明を出した。


 ■民団・総連の反応

 在日本朝鮮人総連合会県本部の鄭潤吉(チョン・ユンギル)委員長は「日本人には脅威かもしれないが、朝鮮半島やアジアの平和と安全を守りうる素晴らしい実験だ」と評価。アメリカの外交政策を挙げ、「アメリカの歴史は戦争の歴史。今回も二国間交渉に応じず、私たちを敵視している。国の独立を守るには核兵器を持つしかない」と話した。

 在日本大韓民国民団県地方本部の李燮潤(イ・ソッブュン)団長は「在日韓国人が地域社会で取り組んできた努力を台無しにしてしまう行為で許せない」と北朝鮮を厳しく批判した。
ジャンル:
その他
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハンクネット声明「いまこそ... | トップ | 北朝鮮の核実験 ようこそ核... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (金マンセー)
2006-10-12 01:26:21
北朝鮮が核保有国になってさぞや狂喜なさっていることでしょう。心より祝福申し上げます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

北朝鮮」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。