転載・米国の「従軍慰安婦」決議案廃棄、来年下院通過を期待

2006-12-10 21:57:03 | 世界
安原です。

真相会員MLから下記の情報を福留さんの許可を得て転送します。


Forwarded by Keiko Yasuhara <wydny745@ybb.ne.jp>
----------------------- Original Message -----------------------

3) ***************************
[聯合ニュース 2006/12/09 07:09]

米国の「従軍慰安婦」決議案、廃棄..来年下院通過を期待


(ワシントン=聯合ニュース) パク・ノファン特派員= 9月に米国下院の国際関係委員会を通過した
従軍慰安婦決議案が、8日レームダック会期が終了することにより、自動的に廃棄された。

この日、民主党のマイケル・ホンダ議員は、下院の全体会議の演説を通して、従軍慰安婦決議案の
通過を推進しながら、今回の会期を最後に引退したレーン・エバンズ議員について言及し、
「彼は、日本軍の性奴隷として引きずられていった20万人の慰安婦の女性たちの正義のために、
絶えず戦ってきた英雄だ」とし、自身がエバンズ議員の後に続いて、従軍慰安婦決議案の通過
のために最善を尽くすと明言した。

親日的な立場の現デニス・ハスタート(共和)下院議長が、この間この決議案の本会議への
上程に消極的だったが、一方、来年1月に下院議長になるナンシー・ペロシ議員は慰安婦問題
に積極的な関心を持っていると知られており、新しい会期での通過が期待される。

ペロシ議員は、決議案の国際関係委通過の直後に、ジョン・ボーナー下院共和党院内代表と
ハスタート議長に電話をかけ、決議案の本会議上程を要請していた。

<森川静子訳>


4) **************************
[聯合ニュース 2006-12-09 15:41]

レントス 「日本、靖国・軍性奴隷の歴史を解決すべき」


(ワシントン共同=連合ニュース) 来年1月開院予定の米議会の下院国際関係委員長に
有力視されている民主党トム レントス議員が、8日日本が(誤った)戦争の歴史を
乗り越えることを希望すると明らかにした。

レントス議員は、この日のアジアのメディアとのインタビューで、戦犯が合祀されている
靖国神社と第2次大戦当時アジア女性に対する日本軍の性奴隷強要などの過去事
に関連し、このように言及した。

彼は、この席で日本新総理の靖国神社訪問を反対するという立場を示した。ユダヤ人で
ホロコースト(ナチのユダヤ人大虐殺)の生存者である彼は、人権問題に大いなる
関心を見せている。

レントス議員は、過去の日本政治指導者たちの靖国神社参拝に関して、ハインリッヒ・ヒムラー、
ルドルフ・ヘス、ヘルマン・ゲーリングらナチ指導者の墓に花輪を捧げるような
ものと比喩して言及したことがある。
彼は今年のはじめ日本軍の戦争時性的奴隷強要蛮行に対する非難決議案を主導したことがあり、
これに対して日本政府の責任認定と賠償を促しもした。

この決議案は米下院国際関係委員会を通過したが、共和党の反対に下院本会議を通過できなかった。
彼は優先的に韓半島出身の性的奴隷女性の苦境は、「悲しいこと」だと言及し、
「いかなる民族であれ、こういう醜い歴史を隠して触れないならば、(歴史の発
展に)役立たないだろう」と強調した。


5) ***************************
[聯合ニュース 2006/12/08 10:36]

「靖国合祀取下げ」、来年3月に訴訟


(ソウル=聯合ニュース)キム・ビョンギュ記者= 靖国反対共同行動韓国委員会は、
8日「来年の3・1節に合わせて、日本の東京地方裁判所に韓国人の靖国神社無断
合祀の取下げを求める訴訟を提起するだろう」と発表した。韓国の遺族たちが、
日本政府でなく、靖国神社を相手に訴訟を起こすのは今回が初めてだ。

2001年、太平洋戦争に動員された韓国人生存者と遺族たちは、日本政府を相手に
同じ趣旨の訴訟を起こしたことがあり、昨年8月に台湾と日本の遺族たちが大阪
地方裁判所に靖国神社を対象に合祀取り消し訴訟を起こしている。

裁判に参与する原告団は、太平洋戦争被害者補償推進協議会の共同代表の李煕子氏を
はじめとする遺族10名で、合祀取下げの対象は、韓国人犠牲者で靖国神社に合祀
された21,000余名すべてになる。

共同行動は、太平洋戦争勃発日の8日にソウルと東京で同時に記者会見を行い、
このような内容を発表する予定だ。

韓国委員会はこの日の午後、ソウル鍾路区(チョンノグ)の南仁寺広場で開かれる
記者会見に先立って発表した記者会見文で、「植民地時代に強制連行されて犠牲
になった被害者たちの怨魂が、当事者や遺族の意思と関係なく、「侵略戦争の神」
と合祀されて凌辱を受けている」とし、「訴訟を通して、半世紀を越えて蹂躙さ
れてきた犠牲者たちの霊魂を取り戻すだろう」と語った。

<森川静子訳>


--------------------- Original Message Ends --------------------

Keiko Yasuhara
http://spaces.msn.com/members/solidaritywomeniraq/
http://blogs.yahoo.co.jp/wydny745/

********************************
「慰安婦」決議 再提出へ/赤旗
米議会 “日本政府の責任問う”
日本の妨害判明


 【ワシントン=鎌塚由美】アジア太平洋戦争中のいわゆる「従軍慰安婦」について、日本政府に責任を認めるよう求める決議案が一月から始まる米議会(第百十会期)に再び提出されることが確実になっています。今議会では、九月に米下院外交委員会を通過しましたが、日本政府のロビー活動で本会議での採決が妨害されたことが明らかになっています。

 米国で「慰安婦」問題を広める活動をしてきた「慰安婦問題ワシントン連合」のオクチャ・ソック会長は、決議案が本会議の採択まであと一歩で実現しなかったことは「残念」としながら、「委員会で通過したことは大きな成果でした」と語りました。ソック会長は、「(来年一月からの)次期議会では、積極的な可能性がある」と言います。

 すでに次期議会で「慰安婦」決議を提出すると表明しているのがホンダ下院議員(民主党)です。同議員事務所のコーンズ報道官は、「次期議会では時期をみて提出する」と語りました。

 二〇〇〇年以来、議会で「慰安婦」問題を取り上げてきたエバンス下院議員(民主党)は、パーキンソン病の悪化で今期限りで引退。ホンダ議員は、カリフォルニア州議会議員時代から、「慰安婦」など戦争犯罪への明確な謝罪を日本政府に求める決議を提出してきました。「エバンス議員から引き継ぐ」(同報道官)ことになります。

「慰安婦」決議妨害 米誌が報道
大物ロビイストに“日本が月690万円”
 下院外交委員会(ハイド委員長=共和党)が、日本政府に責任を認めるよう求める「慰安婦」決議を全会一致で通過させたのは九月十三日。エバンス議員は二〇〇一、〇三、〇五年に同様の決議案を提出していますが、委員会を通過したのは今回が初めてでした。

 議会院内紙ヒル(九月二十七日付)によると、委員会通過後、ハイド委員長や他の議員が本会議での速やかな採択を求める書簡を送付しました。しかし、「対日関係を考え、決議案にいい顔をしない」下院議長のハスタート議員や院内総務のベイナー議員(いずれも共和党)は、採決日程を決めることを渋ったといいます。

 同紙は、決議採択を求める韓国系米国人らの働きかけに対抗し、「日本は決議に反対し静かにロビー活動をした」と紹介しました。

 「冷たい慰め 日本ロビーが第二次世界大戦の性奴隷決議を妨害」と題して報じたのは、『ハーパーズ・マガジン』(電子版、十月五日付)。日本政府は大物ロビイストに「月六万ドル(約六百九十万円)」もの大金を支払っているとし、ホワイトハウスも「ひそかに慰安婦決議を妨害していた」と指摘しています。

 「超一流のワシントンのロビイスト」とは、議員歴三十八年の元下院院内総務のロバート・マイケル氏で、ハスタート議長や採決日程を管理するベイナー院内総務とは元同僚の間柄という人物。

 同誌によると、マイケル氏は五月末、ハイド委員長に対し、決議が通れば日米同盟に支障をきたすなどと圧力をかけました。関係者は、その直後に「すべての交渉が止まった」と述べています。しかし、小泉首相(当時)の八月十五日の靖国参拝に業を煮やしたハイド委員長は九月、決議促進に踏み切ったといいます。

 同誌は、下院指導部への具体的な働きかけは「不明」としながらも、速やかに本会議で採択されるはずだった同決議案が動かなくなったのは、「ホワイトハウス、マイケル氏、他の日本のロビイストらがベイナー議員、ハサート議員に働きかけた」からだと「議会ではうわさ」になっていると伝えています。

 日本大使館は、本紙の問い合わせに対し、「あらゆる案件で必要な努力をしている」と回答、「慰安婦」決議に対するロビー活動を否定しませんでした。

 小泉首相の後を継いだ安倍首相は国会で歴史認識を正面から問われ、「従軍慰安婦」問題について、旧日本軍の関与と強制を認めた一九九三年の「河野官房長官談話」を認め、継承する立場を表明しました。その日本政府が次期議会でも引き続き妨害を続けるのか。態度が問われています。(ワシントン=鎌塚由美)

「慰安婦」決議案
 九月に米下院外交委員会を通過した決議案は、「慰安婦」を「奴隷化」する過程で、日本政府が公式に関与したと認定。日本の一部の教科書で「慰安婦」問題や他の残虐行為を軽視し、第二次世界大戦における日本の役割が歪曲(わいきょく)されていると指摘しています。

 日本の教科書から「慰安婦」の記述が消えたことを政治家や官僚らが称賛したことに触れ、▽日本政府が公式に責任を認め受け入れる▽この非人道的犯罪を未来と現在の世代に教育する―ことなどを求めています。

 エバンス議員と共和党のスミス議員が四月に提出し、ほかに五十六の議員が共同提出者に名を連ねました。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-12-07/2006120701_03_0.html
ジャンル:
その他
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イラク自由会議IFC 連帯集会... | トップ | 岐阜県庁の裏金の返還で提訴/... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
人の振り見て我が振り直せとは (言うけれど...。)
2006-12-12 14:17:58
私は「南京大虐殺」を「中国のチベット侵攻」で埋め合わせ出来るとは思わない性質なんだけど、今の駐イラク米軍の乱倫振りは酷く、被害者が男女を問わず米軍内部でレイプが起きてるらしいのは、人権問題として取り上げるべきだと思うよ?勿論米下院がするべきで、「日本が」じゃないが。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

世界」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。