やらせ質問 教育行政への信頼は地に落ちた/愛媛新聞社説

2006-11-11 00:47:37 | 教育
内閣と国民の「対話」が、実は周到な「やらせ」だった。
 教育改革タウンミーティング(TM)で、一般参加者を装って教育基本法改正への賛成発言をするよう政府が仕込み、演技指導までつける。民意を愚弄(ぐろう)するそんな行為が常態化していた疑いが強まった。
 発端は九月の青森県八戸市でのTMで、内閣府が地元教育委員会を通じて発言者を決め、文部科学省作成の文案に沿う質問をさせるなどしていた。
 内閣府の調査では、八会場で開いた教育改革TMのうち、やらせは五会場であり、発言者五十五人中十五人にのぼる。二〇〇四年五月にあった松山でも発言者八人中一人が該当した。
 高校の必修科目未履修問題や相次ぐいじめ自殺は、教育関係者の隠蔽(いんぺい)や不正をいとわない体質をあぶり出した。文科省の不作為も明らかになっている。
 今回もやはりという思いで、信頼はいよいよ地に落ちた。
 大臣らが地域へ出向き、民意を政策に反映させるはずのTMで、政府の意向に沿うよう誘導してアリバイづくりに利用する行為は国民への背信だ。しかも内閣府の教育改革の歴代担当者は文科省からの出向という。
 「棒読みにならないように」と指導し、座席を確かめて多数の挙手のなかから指名していたことも考えると「議論活性化のため」(塩崎恭久官房長官)という釈明に説得力は乏しい。
 中央教育審議会は〇三年三月に教育基本法改正を答申した。やらせはその年十二月から翌年十一月までが中心だ。なりふり構わず世論操作してでも改正に導きたい。そんな確信的意図が文科省になかったろうか。
 松山では七人分の質問案が作られていた。指導力不足教員対策や家庭教育の充実など国会審議中の改正案の目玉が目立つ。
 うち実際に発言したのは中学校長で、当時は県総合教育センター幹部だった。インターネットで公開されている議事要旨を見ると質問案との酷似ぶりに驚く。それでも当初は依頼を否定する説明をしていた。
 発言時、中学教員と名乗ったのも解せない。県総合教育センターは県教委の機関で、指導力不足教員の研修なども行う。その幹部と一教員とでは発言の受け止められ方も当然ちがう。
 七月にあった県主催のプルサーマル公開討論会を思い出す。質疑の際、賛成派の指名を求めるメモを県が司会者に渡し、加戸守行知事は閉会後「反対派が作戦を立てて支配的に反対意見ばかり続いたので、気にしたのだろう」と語った。これも民意の軽視ではないか。
 政府はすべてのTMを調べ、文科省も関係者の処分を検討するという。当然だが、手際良い対応には国会審議への影響を避ける狙いもあるのだろう。
 個人の尊厳、自主的精神、不当な支配の排除―教育基本法が掲げる理念を踏みにじった政府は、まず現行法の理念を体現するべきだ。その努力を怠り、教育問題が基本法に起因するかのような理屈で改正を推し進めることは、やはり認められない。
http://www.ehime-np.co.jp/rensai/shasetsu/ren017200611107334.html
ジャンル:
その他
コメント (3)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 悪臭漂う根腐れた保身オヤジ... | トップ | 訃報 宇井 純 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
危ない日本づくりの「やらせ」だった! (邪論)
2006-11-11 07:10:15
「個人の尊厳、自主的精神、不当な支配の排除―教育基本法が掲げる理念を踏みにじった政府」が「美しい国日本をつくる」って言って、「国を愛する態度」を国民に求めるんだから、大爆笑!

夕べの筑紫哲也のニュース23は、このやらせを「茶番」だって言ってたけど、ピントがずれている!

子どもにどういう影響を与えるか、ってことが最大の問題なんですよ。いじめやウソが流行るだろうね、きっと。

教員が子どもを指導すると、きっと子どもは言うと思うよ。「だって文部科学省だってやってんじゃん!」てね。「いや総理大臣だってやってんじゃん!」かも。

そういう文部科学省や安倍政権が教育基本法とそれにもとづく法体系を変えて、そして憲法第9条を変え、法体系を変え、核武装を認めさせ、あのアメリカと一緒になって世界に出ていこうとしているのだから。戦後60年でつくってきた平和の法体系が全部変更になるんだよね!やらせをきっかけに・・・・。

それを未来の若者である子どもに担わせようとしているのだから、大爆笑もんだよ!無秩序国家日本ができるね!あぶねぇ~!
どんな国にしたいかよく分かるなw。 (Sei)
2006-11-11 09:03:21
 やらせ質問は、法律の先取りですねw。上の言うことに黙って従う国民。これが、政府の理想なんでしょうねー。美しい国なんて言ったって、支配者だけが美しさと安堵を感じるだけですね。国民は、死ぬほど働かされて、カツカツの生活に黙って耐えて、アメリカのための戦争に黙って出て行くのが理想なんでしょうね。中東に戦う軍隊出してこけたら、日本経済は破綻しますけどねー。全く、政府は世界の動きを分析しているんだろうか?これが一番心配。日本は弁舌と論理の価値がとりわけ低い国なので、正直心配ですねw。
隠蔽 (風)
2007-07-14 12:24:00
数多くの・・・会議に無駄な税金を費やす以前に
教育者の嘘・教育委員会の隠蔽・文科省の権力をなくすことだと思います。
詳細はホームページをごらんください
http://www.hpmix.com/home/fusako/uindex.htm

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

教育」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
「斉藤貴男は予言した」(1)…人民スレイブ化計画 (dr.stoneflyの戯れ言)
 政府という仮面を被ったエセ権力者で利権(金)の傀儡である奴らが、教育基本法を捏造してまでやりたいことは、国家という偶像を利用した支配と権力に従順なスレイブの排出であることはもう周知だろう。「愛国心」という名の忠誠心をはかるバロメーターとしての ...