イスラエル軍がリン弾を使ったことを認める。イスラエル日刊紙「ハーレツ」10月21日から

2006-10-23 22:17:06 | 世界
たんぽぽ舎の山崎久隆です。リン兵器も非人道性の高い兵器です。10月21日のイスラエル日刊紙「ハーレツ」の報道で、その使用の一端が明らかになりました。記事の一部を紹介します。


ハーレツより

イスラエルはレバノン戦争中にリン爆弾を使用したことを認める

 メロン・ラッパポート特派員

 イスラエルは、第二レバノン戦争中にヒズボッラー攻撃でリン兵器を使用し
たことを初めて認めた。黄リンはそれにより攻撃を受けると、非情な苦痛を伴
う致死性の化学火傷を負う。最近まで、イスラエルは目標または地域をマーク
するためにだけ使っていたと主張していた。
 イスラエル軍がレバノン戦争でリン爆弾を使用したとクネセト(イスラエル
国会)で明らかにしたのはジェイコブ・エドリィ国防長官であった。
 「イスラエル軍は異なるタイプのリン兵器を装備している」とエドリィは言
う。「イスラエル軍は見通しの良い地面において、ヒズボッラーとの戦闘で軍
事目標への攻撃として特に3価リンを含む砲弾を使用した」「イスラエル軍は
国際法の規制に従い、この種の兵器を使用している」と、国際法はりんとその
使用を禁じていないことをエドリィは指摘した。
 エドリィはそのようなタイプのリン兵器をどんな目標に使用したかは明らか
にしなかった。戦争の間にある海外メディアはレバノンの一般市民がリンでの
攻撃によると見られる特有の負傷をしていたと報じた。(リンは空気と接触す
ると燃える性質を持つ)CNNの報道では重い火傷を追った犠牲者が南レバノ
ンの病院に運ばれたことを伝えていた。
(以下略)
Israel admits using phosphorus bombs during war in Lebanon

http://www.haaretz.com/hasen/spages/777549.html

By Meron Rappaport, Haaretz Correspondent
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  ハディッサ: レジスタンス... | トップ | 佐賀県 こちら知事室です/天... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

世界」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。