ラマディ: 増強した米軍が全市の橋を確保、民家を掃討/イラク・レジスタンス・レポート

2006-10-29 19:02:28 | イラク

イスラム・メモは28日午前11時35分の速報で、バグダッドの西110キロに位置するラマディ市に、米軍が膨大な兵力を配置したと伝えた。何十台もの車両を配備した米軍兵力は市内に陣地を構え、ラマディ市内のすべての橋と市の東西の出入り口を確保した。

□□■□□□□□□■□□□□□□■□□□□□□■□□□□□□■□□□
イラク・レジスタンス・レポート Iraqi Resistance Report 日本語版
  編集&発行 山本史郎/イラク情勢ニュース
  イラク・レジスタンス・レポート(web)
  http://www.geocities.jp/uruknewsjapan/Iraqi_resistance.html
□□□□■□□□□□□■□□□□□□■□□□□□□■□□□□□□■□
――――――――――――――――――――――――――――――――――
2006/10/29 (日)

        ※ きょう紹介する主な内容 ※

☆イラク・レジスタンス・レポート 10月28日付

◆サウジ国境近くでレジスタンスと傀儡軍が交戦
◆ファルージャ: レジスタンスが米軍攻撃を強める
◆ファルージャ: 激しい戦闘で米兵3人死亡
◆ラマディ: 米軍空襲で一般市民5人死亡
◆ラマディ: 増強した米軍が全市の橋を確保、民家を掃討

--------------------------------------------------------------------
□イラク・レジスタンス・レポート 2006年10月28日 土曜日
■Iraqi Resistance Report for events of Saturday, 28 October 2006
--------------------------------------------------------------------
http://www.albasrah.net/en_articles_2006/1006/iraqiresistancereport_281006.htm

●アンバル州 Al-Anbar Province

◆アルアル: サウジ国境近くでレジスタンスと傀儡軍が交戦
Resistance, Iraqi puppet forces engage in combat near the Saudi border

 イスラム・メモは28日午後8時37分(メッカ時間)の速報で、その時間も
イラク・レジスタンス戦士と傀儡政権軍のあいてに、イラク西部のアンバル州ア
ルアル地区(サウジ国境近く)で激しい戦闘が続いていると報じた。

 イスラム・メモの通信員は、戦闘はアルアル付近にある砂漠の井戸周囲に集中
し、国境警備隊が多数のレジスタンス戦士と交戦中だ、と、イラク国防省関係者
が話したことをレポートした。これ以上の詳細情報は得られていない。

◆ファルージャ: レジスタンスが米軍攻撃を強める
Resistance mounts attacks on US forces in al-Fallujah

 イスラム・メモは28日午後8時20分の速報で、イラク・レジスタンス勢が
28日、ファルージャに駐留するアメリカ軍に幾度も攻撃を遂行中だと伝えた。

 イスラム・メモのファルージャ通信員は、レジスタンスの爆弾がナザレ地区を
パトロール中の米軍車両の下で炸裂し、ハンビー1台を破壊したとレポートした
。その攻撃のあと、米軍はナザレ地区、シュハダ地区、ジュバイル地区を封鎖し
た。

 レジスタンス戦士は同日昼前にも徒歩による米軍のパトロール部隊を待ち伏せ
攻撃して銃撃戦になり、レジスタンス戦士2人が死亡した。この戦闘でのアメリ
カ兵の犠牲については内容も数も情報が得られてない。

 3度目の攻撃では、かつて米軍侵攻後に統治評議会に加わったことがあり占領
に協力するイスラム党の本部が、ロケット弾によって集中攻撃された。

◆ファルージャ: 激しい戦闘で米兵3人死亡
Violent battle in al-Fallujah leaves three US soldiers reported dead

 ファルージャ中心部にあるアル・ラウィ・モスク付近で、イラク・レジスタン
スと米軍のあいだに激しい衝突があった--イスラム・メモが28日午後7時3
0分の速報で伝えた。

 イスラム・メモのファルージャ通信員は、戦闘を目撃したモスクの礼拝者が、
戦闘は30分ほど続き、米兵3人が死亡、4人が負傷したと話した、とレポート
した。アメリカ兵は待ち伏せ攻撃に対して猛烈かつ無差別に反撃し、モスクの礼
拝者多数に死傷者が出た。モスク関係者が建物内の拡声器を使って救急車を呼ん
だ。

 米軍は戦闘のあった一帯を閉鎖し、その地域はレポートしているときも封鎖さ
れたままだった。

◆米軍がファルージャを封鎖し大規模な掃討・拘束作戦
US seals off al-Fallujah, launches mass raids and arrests

 米軍はバグダッドの西60キロに位置するファルージャ市を完全に包囲し、市
内の多くの住宅地に外出禁止令を宣告した--イスラム・メモが28日午前11
時45分の速報で伝えた。ファルージャの出入り口は前日に「次の告示があるま
で」閉鎖された。


◆ラマディ: 米軍空襲で一般市民5人死亡
Five civilians killed in US air raid in southern ar-Ramadi

イスラム・メモは28日午後7時50分の速報で、米軍機が同日の夜明け頃、ラ
マディの南一帯を空襲し、地元住民6人を殺した、と伝えた。

 ロイター通信の速報は、ラマディ病院のカマル・アル・アニ医師が同日の米軍
空襲で6人の犠牲者(一つの家族)が運ばれてきたと話した、と報道した。死亡
者は3人が女性、2人が子ども、1人が男性で、彼らは病院に運ばれたあと、埋
葬するために病院から親類の者に返されることになっている。

 傀儡(かいらい)警察のハミド・シュカ警視が攻撃で5人が殺されたと発表し
たことも報道された。

◆ラマディ: 増強した米軍が全市の橋を確保、民家を掃討
troops, equipment deploy in force in ar-Ramadi, seizing control of the city and launching house-to-house raids

 イスラム・メモは28日午前11時35分の速報で、バグダッドの西110キ
ロに位置するラマディ市に、米軍が膨大な兵力を配置したと伝えた。何十台もの
車両を配備した米軍兵力は市内に陣地を構え、ラマディ市内のすべての橋と市の
東西の出入り口を確保した。

 イスラム・メモ通信員は目撃者の話として、レジスタンスが掌握していた17
タミュズ通りが今は再びアメリカ兵に制圧され、彼らはその地域にある建物の屋
上に狙撃兵を配置した、とレポートした。

 そのレポートが伝えられたあと、アメリカ軍は低空飛行のアパッチ攻撃ヘリと
米軍機に援護されて急襲作戦を展開した。レポートした時点では、市内でまだ戦
闘が起こってない。

 28日午後1時41分にラマディ情勢が報告されたなかで、イスラム・メモは
米軍がアジジヤ地区、カムイヤ地区で民家から住民家族を追いだしているとレポ
ートした。

 米軍部隊はナスル・スポーツ・クラブと5つの学校を占拠し、そこをアメリカ
軍の拠点および宿営地に変えた。

 その少し前、ラマディ中心部にある自治局ビルが攻撃された。米軍ヘリと戦闘
機の群れが市の上空を旋回していた。膨大なアメリカ軍兵力がラマディ東部から
中心部に移動してきた。


●バグダッド Baghdad
◇内務省治安部隊の検問所をレジスタンスが襲撃

●サラハッディン州 Salah ad-Din Province
◇正体不明の武装集団がシーア派寺院を爆破

●ディヤラ州 Diyala Province
◇アジム: レジスタンス戦士が傀儡兵11人を誘拐


――――――――――――――――――――――――――――――――――
□□□□■□□□□□□■□□□□□□■□□□□□□■□□□□□□■□
オリジナル(英字):
  http://www.albasrah.net/moqawama/english/iraqi_resistance.htm
  英語への翻訳・編集 Muhammad Abu Nasr
日本語版はイラク情勢ニュース(URUK NEWS)のコンテンツです
  http://www.geocities.jp/uruknewsjapan/
  メール宛先 uruknewsjapan@ybb.ne.jp
□□□□■□□□□□□■□□□□□□■□□□□□□■□□□□□□■□
――――――――――――――――――――――――――――――――――

『中東』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 解放のゆくえ 第6回 現実... | トップ | 反戦の視点・その40 中川... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

イラク」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。