ハルムの動く日記

「はるむ職品工房」子狐はるむの日記というかアニメ・特撮メインの感想及びツッコミ。休止期間を抜けてぼちぼち再開中。

「ハウルの動く城」

2004年11月20日 | 映画観ましたよ
(前半にネタバレしない「印象」部分、後半にネタバレ防止の白文字で詳しくあらすじとツッコミ書いてます。)

五分前は、人間だった
って、それは「ハウリング」やがな、というボケツッコミを考えてたら、そんな展開だったという・・・

てなわけで、本日、初日で観てきました。今、出て最初に見つけた漫画喫茶でコレ書いてたり。

 老人問題をバリヤフリーマンと一緒に考える、老女ラブロマンス。まぁ、原作付きなら最近お得意の後半の破綻は無いかな、とか思ったらまぁ、原作がアレなのか、第一巻だから続くところを無理にまとめたのか、なんかやっぱりスッキリしない終わり方。

 とはいえ、ラブロマンスとしてはバッチリでした。ドキドキシーンになると、演出的に若い姿へ戻るし。

 声優的には、半場友恵が出てました。気のいい美人の妹の役かな? カマリア・レイこと倍賞千恵子はまぁ、最初の違和感を乗り越えればだいじょび。ハウルのキムタクは・・・躁鬱の激しいヤツで、躁状態の時は割といい芝居するんだけど、鬱の時は、もちっと深みが欲しいトコロ。子安でいいじゃんかよーとか思っちゃダメなんですかのぅ。

 で、内容に関しては、今までの宮崎作品のイメージのパッチワーク。ここはアレ、ここはソレ、てなとこ満載。
以下、ネタバレ防止のため白文字表記。範囲指定で読んでくだされ。

戦争で盛り上がっている欧州っぽい国。羽ばたく飛行機械が飛ぶ架空世界(?)。実家の帽子屋で働く、引っ込み思案のソフィーは、スケベ軍人に絡まれているところを、若い男の魔法使いに助けられてウットリ。だがその魔法使いも追っ手をごまかすためにソフィーに近づいたのだった。迫る追っ手のゴム人間どもをかわし、魔法使いはソフィーをエスコートして空中歩行。別れた後、パン屋(?)で看板娘な妹に会うが、恋に落ちていることを指摘される。

帽子かぶったカオナシげなゴム人間、この逃走劇でソフィーさん、もうドキドキです。硬直しながら腕を組むのがもう、イイったら。
 「紅の豚」時代げな戦争イケイケ状態。後半の軍艦から退避シーンは「名探偵ホームズ」っぽい。


 その夜、帽子屋にやってきた荒地の魔女が、ソフィーに老婆になる呪いをかける。何度も鏡をのぞくソフィー。やがて彼女は実家を出て、荒地へと旅立つ。
 道中、杖にしようと抜いた枝がカブ頭のカカシで、「恩返しなら今夜の宿を持ってきておくれ」と言ったソフィーに、カカシは、恐ろしい噂ばかり聞こえてくる魔法使いハウルの動く城を連れてきた。

 婆さん姿になってしまったソフィー、今までとは打って変わって行動派に。年寄りになるとアレですか、世間体とか気にしなくていいからっスか? 呪いを受けた直後、何度も鏡をのぞき返す演出に微笑。


 城に勝手に入ってしまうソフィー。だがこの汚い城の主、ハウルがこの前の美形キムタク魔法使いだと知る。ソフィーは強引に、この様々なところへつながる扉を持つ城の掃除婦となって居着くことにする。だが徹底的に掃除をしたせいで、風呂に入ったハウルの金髪が変色してしまう。落ち込んで溶け出すハウル。なぐさめるソフィーに、ハウルは自分が臆病だと告白する。

 教訓:男の部屋を勝手に掃除しないように。アイテデンテティの危機の恐れが。あっ、ベッドの下はダメぇぇぇぇぇぇッ!!(爆)
 ハウルの弟子の少年、外来が来るたびに老人に変装して声色変えて「・・・じゃ」てな話し方になるのがイイ。まぁ、彼、ただの留守番しかしてませんが。
 落ち込んで溶け出すハウルを運ぶシーンがエロエロ大爆発ですよ? タオルが落ちてしまったのに気づくソフィー。
ハッ、私は今フルチン全裸のローションヌルヌル男と密着してるんだわと気付く。画面にはハウルの丸出しおヒップが! いやぁん、まいっちんぐ!


 戦争はイケイケムード。偽名を使うハウルにも王宮から呼び出しが来る。ハウルの頼みで母親役として王宮へ断りにいくソフィー。道中、肩を並べた荒地の魔女の悪戦苦闘ぶりに、王宮への階段のバリヤフリーのなってなさにソフィーは怒る。案内された先には王宮の魔法使い、ハウルの師匠のサリマン女史が。ハウルは大きな力と子供の心を持つ危険な存在だという彼女に、ソフィーは啖呵をきる。

 出ました老人問題。三人目の婆さん、サリマン先生は、周りにハクそっくりの小姓を何人も並べる腐女子ぶり。アレは使い魔じゃないよね?
 演出的によく若い姿で描かれるソフィー。老人と若い姿にモードチェンジ、まさにバリヤフリーマン
「バリはん!」「バリはん!」


 ハウルの助けで、サリマンに魔力を奪われた荒地の魔女やサリマンの使い犬とともに城へ帰るソフィー。サリマンの手から逃れるために城を大改造、「お引越し」する。

 はばたく飛行艇で脱出、これがまた「ラピュタ」なソレ。・・・ちょっと細身かな。
そんでもって、商品展開が義務付けられているので無理矢理出した感の強い、犬。押井守かよッ!てなデザインでちっと浮き気味。いや、使われ方は上手かったけども。
 で、「お引越し」のシーン、家の配置や内装ががっこんがっこん変わっていくさまはなかなか気持ちいいシーン。いや、「マクロス」のトランスフォーメーション思い出して脳内で挟まれた人の首が飛んでいったりしませんでしたとも。ええ。


 だが街が空襲に襲われた日、サリマンの配下の襲撃があり、「家族」を守るべくハウルが留守にしている間に、ソフィーはハウルの契約悪魔カルシファーを使って城の改造を試みるが、荒地の魔女がちょっかいかけたせいで失敗、一行は散り散りになる。

 サリマン配下の(ハウルいわく、配下の配下)ゴキブリ型使い魔が、帽子かぶってて・・・どっかで見たような・・・
あ、「おじゃまんが山田くん」のアイキャッチ!!
ちょっとデザイン俗っぽすぎやしませんか?


 ハウルの少年時代に跳んだソフィーは、ハウルとカルシファーの契約の秘密を知り、現在の傷ついたハウルと再会する。別れた皆のところへ戻り、カルシファーが護るハウルの心臓を荒地の魔女から返してもらったソフィーは、それをハウルの胸へと戻し、ハウルを蘇生させた。

 ハウルの戦闘モードは鳥人間。怪物化したハウルとソフィーの絡みを見るたびに、「ああっ、某映画より「デビルマン」っぽい!」とか思ったり(汗)


 ソフィーの口付けのおかげで王子の姿に戻ったカカシのカブ、心を取り戻したハウルを見てなぜか戦争を止める算段をはじめるサリマン先生。そして、再構築したハウルの飛ぶ城のテラスで、ハウルとソフィーは口付けを交わす(終)

 怒涛の大団円。カカシの、あまりにも間抜けな展開はさておくとして、ここでなんでサリマン先生が戦争を止めようとか思ったのかがサッパリ分からない。アレか?ハウルに手を出すために戦争そそのかしてたのか? ま、そもそもなんで戦争してるのかがハッキリしてないんだが。
 ところで、大団円のフリしながら、ソフィーにかけられた呪いって、解けてませんよね?ラストシーンで若い姿で描かれてるけど、白髪のままだし。コレは、「つづく」って事で?


 とりあえず空中歩行、飛行艇とヒロインの空飛びノルマはバッチリ。他にもハウルはよく飛んでるし、ラストは城まで飛んでるし・・・やっぱジブリやのぅ、てな感じ。

 イメージが散漫な感じがするんで、あんまし高評価つけらんないですわ。ま、ヒドくはないけど。

(翌日に思いついたことをコチラに書き足しました。メインテーマはコレか。)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (9)   トラックバック (40)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「KURAU」8話「もうひと... | トップ | 「ハウルの動く城」レビュー補足 »

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
反転部分… (桃邪気)
2004-11-21 02:15:46
長っ!!(観てないのでまだ読んでないけど)

ありがとう (nao♂)
2004-11-25 10:49:29
日頃のストレス解消と現実逃避に、と過剰な期待を携えて観に行って、落胆して帰ってきたので・・・

ちょっとカタキをとっていただいた気がしますw

「バリはん!」って言ってそうですね^^;

皆、宮崎駿を信用しすぎ (子狐はるむ)
2004-11-27 03:34:05
nao♂さん、コメントありがとうございます。



基本的にツッコミの芸風なのでもう老人←→若者のチェンジを繰り返すと「あんたはバリヤフリーマンか!」と言わざるを得ないという(笑)



 正直、監督は誰かにやらせて演出だけやればいいのにな。宮崎駿は。「耳をすませば」の時みたいに。
初めましてーー (rika)
2004-12-25 20:10:04
初めましてーー。rikaと申します。私はハウルの動く城好きで4回見てしまった人なんですがーーあまりにもこちらのツッコミが面白かったので書き込みしました。サリマンのはべらしている部下は確かに、ハウルそっくりですね。結局、サルマンも、荒れ地の魔女もハウルにラブだったんでしょうか(笑)ヒン言われてみると、押井守のイノセントの犬ににてますね。



ぜんぜん違う内容のネタバレですがーー私もHPで「ハウルの動く城」のネタバレ感想を書いてます。かなり違うのでいやかも知れないので、興味があれば読んで下さい。

(映画→映画日記にあります)
Unknown (ハウル君)
2004-12-30 23:24:13
いろいろ評価が分かれてますが

ウチは面白かったですよ。



謎だらけでしたが

また見にいこうと思ってます

rikaさんへ (子狐はるむ)
2005-01-03 02:37:08
 コメントありがとうございました。

ハウルはヨン様ばりに、おばさま受けが良いようで(汗)

「ハウル」の裏読みは人によって違ってて、なんか「エヴァ」狙ってんじゃないのかな、監督。てな裏読みまでしてしまったりしてます。

 rikaさんの、心臓=心を軸にした解釈はなかなかイイ感じですね。





 
ハウル君さん(?)へ (子狐はるむ)
2005-01-03 02:46:39
コメントありがとうございました。

 

 リンクされていたページを拝見しましたが、「裏ストーリー」のトコロ、明らかに私の文章が混じっているんですが・・・。

 これはいくつかの感想ページから文章を切り貼りして構築されているページ、というコトでしょうか?

 ならば、どことどこのページ、とか、誰の文章、とかいうのをせめて一筆書いて頂いておいては貰えないでしょうか。



 あまりに「参考にした」というのを超えているレベルだと思いますので。
あけましておめでとうございます (rika)
2005-01-03 20:46:01
そうなんですか。ヨンさまバリですかーー

そうですね。乙女チックな人がハマル可能性は大だと思いますが

どうなんでしょうかーーただストーリーを突き詰めていくと

かなり深い映画だと思います。「エヴァ」は見ている人を

突き放しているアニメのような感じがしましたが、数回しか見ていないので

はっきりわかりません、ハウルの動く城は、暖かく受け入れてくれる

ような映画だと思いました。またネタバレ追加しましたので

よかったらまた読んで下さい。



アクション系が好きでしたら「カンフーハッスル」

を見ましたがかなりスゴカッタです。正月から

「ありえねえ~~」と叫んできました。(^^)
ハウルわけわからんかった (ゴマ)
2005-01-05 00:24:27
予告どおり観てきたですよ。

はるむ氏に色々言われていたので、かなり身構えて観に行ったんですけどね。ストーリーの整合性で多少理解に苦しむところはあったけど、まあそんなに悪くは無いと思いました。

ただ、ラストのカカシの正体ばらしではかなり脱力して、幕が下りたときには「ハァ~」とため息ついてしまいましたけどね。(いみじくもはるむ氏の予言どおりになっちまった…)



ネタバレ含むけど、私なりの解釈、良いですかね?



・要するに、イケメンニートをババア3人が取り合う話ですな。(正確にはハウルはまじないで稼いでいるのでニートでは無いけど)

・紅の豚と併せもって、宮崎監督の趣味がほの見える。男はいつまでもダンディズム、女はいつまでも10代っぽく、と。古風ですね。要するに、ロリ…。

・ハウルは往年の「挫折した左翼」のメタファー。ろくに社会に貢献していないくせに天下国家を語り、反戦ぶってみるところなど。

・方々で指摘されていると思うので言うのは気が引けるけど、ソフィーにかけられた呪いは「精神年齢(状態)に依存して外見年齢が変化する」呪い。

・最後にソフィーの呪いは解けていない。ラストシーン髪の毛の色白いままだしね。解けていなくても関係ない。ハウルとの恋愛経験を経て、年相応に娘らしい感情を持ち、ハウルとともに実のある大人へと今後成長していくのだから。これから年相応におばはんになり、ババアになっていくのでしょう。

・ただ、何でそんな回りくどい呪いを荒地の魔女がかけたのかは不明。

・サリマンが戦争止めるのを決意したのは、カブの呪いが解けて隣の国の王子に戻ったからじゃないかな。どう考えてもサリマン側の国は負け戦。都市部や王都をめちゃくちゃに空襲されてる。隣の国の王子が「戦争止める」と言った光景を見ていたため、こりゃ渡りに船だと。



長文すんません。どうやら私もはるむ氏の言うところの「解釈を求めてもう一回見たくなる」クチのようですな。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

40 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ハウルの動く城 (ネタバレ映画館)
 宮崎アニメの世界観が健在だったのがうれしい。街並や戦争の雰囲気からすると第2次世界大戦中のイタリア、フランスが想像できるが、しっかりと魔法使いが存在し、国は全て王国であるという無国籍ワールド。  宮崎作品で重要なポイントの一つに空を飛ぶシーンが欠かせない
ハウルの動く城★★★★☆ (★映画館アルバイター風呂敷研究中★)
見てきました!さらりと観れましたよー。 あちらこちらで悪評の立っていたハウルの声。 「なんか、どっか悪かった?」 と言う感想です。後になって、 「あ、そういやキムタクだったんだっけ?」 って思っちゃったくらいw棒読みという感想も どっかで見かけました
ハウルの動く城 (Virtual Town コギッち村)
邦画としては、過去最高の上映スクリーン数だそうだ。 あまり話の内容が見えて来ない...
映画「ハウルの動く城」 (なんログ)
「ハウルの動く城」を試写会でいち早く見てきました。 実は全くストーリーを知らないで見たのですがそれがよかった!話しの展開ごとにドキドキハラハラしたり、微笑んだり、大笑いしたり…とても楽しむことができま
「ハウルの動く城」公開初日 劇場にて (xina-shinのぷちシネマレビュー?)
本日公開のジブリ作品『ハウルの動く城』を早速観てまいりました。 私が行ったのは10時30分の回。二回目の回、中途半端に早い時間ということもあり、前の方の座席は空いていました。ファボーレTOHOでは土日それぞれ12回の上映ですから出足が遅かったのかもしれません。 戦
『ハウルの動く城』 (京の昼寝~♪)
■監督・脚本 宮崎駿 ■原作 ダイアナ・ウィン・ジョーンズ(「魔法使いハウルと火の悪魔」) ■音楽 久石譲 ■主演(声) 倍賞千恵子、木村拓哉、美輪明宏、我修院達也、神木隆之介 魔法と科学が混在するどこかの世界。父が遺した帽子店で働く18歳の少女ソフィーは、ある
「ハウルの動く城」レビュー補足 (ハルムの動く日記)
昨日見てきた感想をアップしてから一日たって、ちと思いついた事を少々。  結局、メインターゲットは婆ちゃんなんではないかと。 視点はソフィー。変身後は老人の考え方で動いており、ハウル達とともに暮らす、新しい環境から以前の「家に閉じこもってちまちま針仕事をして
「ハウルの動く城」関係リンク集 (LOVE SWIMMING blog)
ついに注目の「ハウルの動く城」が公開されましたね。 で、私も見に行こうかと思うの...
ハウルの動く城 (グリームニルの唄)
観てきました! 朝六時に起きて七時半に映画館に着いて八時から三回連続で観ました。 ハウルかっこよかったあああああ もう大満足 観に来た人は初日だからか、結構ノリがよくって、マルクル(神木隆之介)ががんばって喋っているところとか(「待たれよ」等)、ヒン...
見終わりました。 (・゜.・。゜乙女通信・゜.・。゜)
映画が終わって、まわりのひとたちはみんな「ちょー良かった~」と言ってました。 ………。 そもそも私みたいなダメ人間に向けて作られた映画じゃないのだから、私が見てることの方が間違ってるんだろうし…。 そうとも。映画館で、自分たち以外の方々には好評だった
ハウルの動く城 (旅は人生の道標)
「千と千尋の神隠し」以来、3年ぶりの宮崎監督の新作 そして主人公ハウルの声は木村拓哉 久々に期待をいっぱいに膨らませて行って来ました また試写会でゴメンなさい・・・ 「ハウルの動く城」 18歳のソフィーが魔女にのろいをかけられて90歳の老女となり、 「動く城」でハ
ハウルの動く城(自爆version) (1yard)
GBrで見つけた51さんのサイトで、コメントしてたら、上手いこと考えがまとまったので、再利用w さすが話題作であって、まだ公開3日目というのに(11月22日0800時。正確には4日目ですが)、livedoor blogでblog検索してみたら4321件もエントリがある『ハウルの動く城』だけ
(映画) タレントの声優起用は、是か非か? -「ハウルの動く城」の感想- (ケータイ絵日記)
昨日の夜、観にいってきました。 「but Beautiful」さんよりトラックバックをいただいた件もあり、 この「ハウルの動く城」を観るに当たっては、「プロの声優を起用しないことが、 作品の出来不出来に関わるだろうか?」ということを確認することにポイントを置きま
ハウルの動く城 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
あの「千と千尋の神隠し」から3年のスタジオジブリ、宮崎駿監督作品。 物語は、いつの時代かどんな国かわからないが、戦争と魔法使いがいるどこかの国の話。魔法使いの魔法で18歳の少女から90歳の老婆にされてしまったソフィーと、臆病な魔法使いの青年ハウルとのラヴスト
映画業界 (呂不韋のつぶやき)
見てきました。「ハウルの動く城」 そこでひとつの仮説を立てました。 宮崎駿は、映画を辞めたいのだと。 ネタバレは避けたいので、具体的な内容には 触れませんが・・・ 前売り券を買って、期待して見に行ったのに ひどく落胆して帰ってきました。 「この
『ハウルの動く城』自分流ハッピー解釈 (bamboohouse)
『ハウル』をハッピーな風に勝手に解釈!
続・「ハウルの動く城」について (呂不韋のつぶやき)
以前の記事にたくさんのコメント&TBいただきました。 ありがとうございますっ! こんなに丁寧に反応いただけると、すごく恐縮です* 僕も2時間の枠の中に収めてしまったことにムリがあったと 思います。連続アニメとかならよかったでしょうに・・・。 ただ、やは
ハウルの動く城 ★★ (切腹!)
ハウルの動く城 サウンドトラック「スチーム城もとい『ハウルの動く城』を観てきた」などと、使い古された出だしで失礼。突然のエンディング、終息にかなり戸惑ってしまった。萌えが足りないのか、感情移入がうまく出...
ハウルの動く城 (無関係な死 出張中)
 随分前にハウルの城の絵を見て、映画のタイトルを見て薄々感じてはいたのだが、今日観て確信した。和語で書いてるけど、漢語で書けば「ハウル機動要塞」だ(←マクロスかよ)。防衛機構が何重にも働いていて、しかもその守備隊が最強の魔法使いハウル。これ最強。「どこでも
◆◆「ハウルの動く城」観てきましたよぉ◆◆ (★★かずくんままのマネー日記+α(ハウルの動く城観たよ!!)★★)
さて、2本目は「ハウルの動く城」です。 テアトルの株主優待で観ました。 1月末までのポイントが7ポイント 7作品も観れるかなぁぁ   この映画は東宝&日テレコンビですよね♪ 画像は去年の立体造形物のパンフから撮りました。 珍しいでしょ(^^ ちょっとネ
ハウルの動く城 (燃えつづけろ!ライター高田!)
宮崎駿監督最新作「ハウルの動く城」を見てきました。皆さんのブログを拝見していると 公開直後は良くないという声が多く、一段落して最近になると 最高だった という声が多くなっているようです。さて僕の感想は一体・・・。
ハウルの動く城 (Cocco Theater)
評価★★☆宮崎アニメだけあって、安心して観れた。キレイな絵本を動画で観ているって感じやったけど、でもやっぱつっこみどころ満載やった。ハウルの動く城公式サイト以下ネタバレ含む...
「ハウルの動く城」 (ひらりん的映画ブログ)
今さら・・・いやいや200億稼ぐには公開二ヶ月でも全快で・・・ というわけで、時間があったので見てきちゃいました。 平日20:10からのレイトショウなので1200円。 350名収容のスクリーンにスキスキ10名くらい。 「オーシャンズ12」に続き、またまたど真ん中
ハウルの動く城 (Black&BLUE)
ハウルの動く城 見ました。 まったく予備知識無く見たんだけど、見終えてみると恋愛...
宮崎駿『ハウルの動く城』フランスメディアの評判は?(その2:テレラマ、ル・ポワン、エクスプレス、パリ・マッチ) (鯖田鮫蔵の日仏英米メディア彷徨(主にフランス))
 前回の続き。宮崎駿『ハウルの動く城』のフランスメディアの評判を紹介します。今回は雑誌編です。 ル・ポワン(フランソワ・ギヨーム・ロラン)  63歳の宮崎はあり余るほどの想像力をコントロールすることを覚えた。マンガがハイテク化して熱気が失せた時代にあって
宮崎駿『ハウルの動く城』フランスメディアの評判は?(その3:プレミア、ストゥディオ、アヴォワール・アリール) (鯖田鮫蔵の日仏英米メディア彷徨(主にフランス))
 宮崎駿監督『ハウルの動く城』のフランスでの評判を見てみる3回目。「その1」「その2」で「日本より海外の方が評価がいいんですね」という声が多かったが、今回はそれを裏切るかのように低評価のものばかり集めてみました。 プレミア(フランス語版、ジェラール・
宮崎駿『ハウルの動く城』フランスメディアの評判は?(その3:プレミア、ストゥディオ、アヴォワール・アリール) (鯖田鮫蔵の日仏英米メディア彷徨(主にフランス))
 宮崎駿監督『ハウルの動く城』のフランスでの評判を見てみる3回目。「その1」「その2」で「日本より海外の方が評価がいいんですね」という声が多かったが、今回はそれを裏切るかのように低評価のものばかり集めてみました。 プレミア(フランス語版、ジェラール・
宮崎駿『ハウルの動く城』フランスメディアの評判は?(その4:アヴォワール・アリール) (鯖田鮫蔵の日仏英米メディア彷徨(主にフランス))
 恒例の「ハウルの動く城」シリーズ第4弾。今回は要望にこたえて、前回(その3)部分訳した「アヴォワール・アリール」の批評をほぼ全部訳してみる。  ダイアナ・ウィン・ジョーンズ原作の「ハウルの城」を脚色した「ハウルの動く城(Le chateau ambulant)」は、宮
『ハウルの動く城』観客動員数で歴代2位に~♪ (京の昼寝~♪)
いやぁ、凄いですねぇ~! 昨年11月から公開されている宮崎監督作品『ハウルの動く城』が、配給元の東宝の2日の発表で、観客動員数が1日までに1,422.6万人を超え、同監督の『もののけ姫』(1997年公開)を抜いて日本映画歴代2位になったと発表した。 ★日本
「ハウルの動く城」について (Hoverspace -ホバースペース-)
ハウルの感想について色々サイトを見回ってみて分かったことがある。主に批評する人...
ハウルの動く城 (欧風)
年末年始だというのに3日連続で映画に行ってしまいました。 今回は宮崎駿アニメの「ハウルの動く城」。元々ジブリの作品は好きでしたし、大人気のようなので、やっぱり見ておかねば、ということで見ました。 そうですね~。まあ、そこそこ楽しめると思います。普通で
ハウルの動く城がでるぞう (◆◇面白フラッシュ 画像 ニュースでアフィリエイト◇◆)
ハウルの動く城 特別収録版 1/24second付き おすすめ平均 胸キュンの瞬間。 大切なものは何かを教えてくれる♪ 絵はきれいでした。 映画見ました 話が分からないというのは… Amazonで詳しく見る by G-Tools ? 参考価格:¥4.935(税
【DVD】 ハウルの動く城 <2枚組> (楽天売れ筋ランキング集)
【DVD】 ハウルの動く城 <2枚組> 2005年09月10日 2005年09月11日 2005年09月12日 2005年09月13日 2005年09月14日 2005年09月15日 2005年09月16日 2005年09月19日 2005年09月20日 2005年09月21日 2005年09月22日 2005年09月23日 ...
ハウルの動く城 今年の225本目 (猫姫じゃ)
ハウルの動く城 こういう世界観を創ることが出来る人、尊敬します。 宮崎アニメって、その題名を聞いて、これで良い映画になるの?感動できるの?って、思ってしまうのです。この映画もそう。題名を聞いただけでは、見たいと思わない。今までの宮崎アニメの中で、題名を聞.
映画「ハウルの動く城」 (しょうちゃんの映画観賞日記)
DVDで観ました。そんなに期待しないで観ましたが、期待しなくてよかったと思いました。原作は知らないのですが、想像していた内容と全然違っていました。ソフィーがおばあちゃんになって元に戻る為の旅だと思っていましたが、全然違っていました。ソフィーは気がついたら元に
ハウルの動く城 (土曜の夜は・・・)
DVD買ってしまいましたぁ~ 今日これで、4回目。。。また観ていますぅ ストーリーは、 「荒地の魔女」によって90歳の老婆の姿にされてしまった少女、ソフィーが、かんしゃく
『ハウルの動く城』 (c.t.c mini)
勢いでディーガ買っちゃいました。だって欲しかったんだもん。デジタル放送などには対応してないけど、2011年にはレコーダーの1つや2つノリで買えるようになってる事を祈って… んで、初めて再生したDVDはコレ! 「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」の宮崎駿監督が、イ
『ハウルの動く城』 感想☆ (奥の寄り道)
   もうこれは大体の方がご覧になっている作品だと思うので、あらすじのような感想はやめて、もうちょっとお話の深い部分を語れればなあ(笑)と、思ってます☆ハウルも内容濃いですからねf(^_^;)。頑張りま~す♪  ★「家族の役割」と「人間の孤独」★  宮崎さんの描く
『ハウルの動く城』’04・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ父の遺した帽子店を切り盛りする18歳の少女ソフィー(倍賞千恵子)は荒地の魔女(美輪明宏)に呪いをかけられ、90歳の老婆にされてしまう。ソフィーは、やがてハウル(木村拓哉)が暮らす動く大きな城に潜り込み住み込みの家政婦として働き始めるのだ ...
ハウルの動く城 (新・ぴゅあの部屋)
2004年 監督:宮崎駿 「ハウルの動く城」(★★★☆☆) 兵隊さんがソフィーをナンパするのに、 「子ネズミちゃん」はないでしょw 地味なソフィーに対して、妹はお人形かマネキンみたいね(^^; そーか。 なんで魔女がソフィーをお婆ちゃんにし ...