80歳からのあれこれ

シャンソン日誌

何の変哲もない家庭菜園を、いつか小さな楽園に!

2017-04-20 14:34:27 | 日記
48歳で未亡人になった娘の夫だった信吾さんが、生前東京から夫婦で我が家に滞在した折に、私の願いを聞いて作ってくれた、レンガの小道が家庭菜園の脇にあります。

その時は花に囲まれた芝生の庭でしたが、私の強い思い入れで畑に変貌したのです。

長い間に私の多忙さもあって、レンガの上は土に隠れ、並べたレンガの間には小さな草がはびこっていました。

ほんとにちょっとばかりのレンガを敷いたそれを、私は「信吾の道」と呼んでいたのですが、このところやたらと彼を思い出して、昨日から土を除け草取りをして、半分くらいのレンガが姿を現しました。結構面倒で疲れる作業でしたが、まわりの整備もして少し気持ちが楽になり、し始めてよかった!

「信吾さんこんにちは!お久しぶりね」

舞台俳優だった彼は物静かな一途な人で、亡くなるまで会社勤めをしながら、新宿で演劇の指導をしておりました。

葬儀の時の教え子たちの慟哭が忘れられません。

あと半分の作業が残っていますが、新しいエネルギーを得て、もやもやした空想が頭をよぎっています。

畑主導の庭ですけど、花とのバランスも考えたもっと楽しい空間にしようか等と考えています。

小さな楽園をね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 豊かな老後を生きることの難... | トップ | まだまだ知らないことが.... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。