80歳からのあれこれ

シャンソン日誌

明日の顔は輝いているか?

2017-06-09 15:25:02 | 日記
快晴です。梅雨の時期の晴れ間は何とも嬉しい限りです。

今レッスンを終えたところ。

シャンソンに「私は私」という娼婦の歌があります。

この娼婦の歌をジュリエット・グレコが歌ってるのにはびっくりしますが、この作品の作詞・作曲が「枯葉」と同じコスマとプレヴェールのコンビニよって作られていることに大きな感動を覚えます。

この柔軟な感性を私はまだ持ち合わせているだろうか? 年のせいにすることを拒否する勇気を持ち続けられるだろうか?

とにかく今日が終わり、明日の朝の顔は輝いているだろうか?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 現役で歌い続けることを考え... | トップ | 穏やかな朝の筈ですが・・・。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。