屯田物語

 フォレスターとα6000が旅の仲間
 オンネトーの秋、青い空と紅葉が湖面に映えて美しい!

定山渓の河童群像

2007年02月22日 | 日常


↑”旅館章月”の前、手湯にある河童・・

定山渓温泉には河童伝説があって、ユニークな河童モニュメントがたくさんいてるので、
興味のあるかたは、この カッパ群像 を理屈ぬきで眺めてみるのも面白いかも。
雪のなかでみるとちょっと雰囲気が違うものだね。

↓湯に浸かっている、これはオス河童・・



足つぼの湯があるところ・・
↓思わず笑いかけたくなるとぼけた表情がいい。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 定山渓の日暮れ | トップ | 定山渓大橋の”緑の女神” »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
カッパ カッパラッタ トテチテ (大阪のヒラク)
2007-02-22 23:02:36
タ 谷川俊太郎の(ことばあそびの)詩にこんな一節があったと思います。出典に当たらずうろ覚えで書いてますから、怪しいのですが。
漫画家小島功の色っぽいカッパを宣伝に使っていた日本酒の「黄桜」の蔵は私の住むところから近い中書島チュウショジマにあります。
その前(の前?)の黄桜の宣伝に使われた三浦ふみこという和服の大柄に見える女の方は今どう過ごされているのでしょうか。中2の同じクラスに数ヶ月だけ在籍した方が彼女とよく似ていたと思っています。
どうしてか・・ (春)
2007-02-23 00:00:50
河童伝説はどこにでもある昔話で珍しくもないけど、どうして定山渓に河童なのか・・
そちらのほうに興味があります。

コメントを投稿

日常」カテゴリの最新記事