屯田物語

 フォレスターとα6000が旅の仲間
 オンネトーの秋、青い空と紅葉が湖面に映えて美しい!

生きている喜び

2017年06月15日 | 日常
生きるを感じたくて種子蒔く日あり

「入院していたとき、無性に花の種を育てたくなった。
きっと、芽吹きをみて生きている喜びを感じたいと思ったのだろう。」

新井満氏と爆笑問題の対談、そのなかで太田光氏の意外な言葉である。
何気ない会話ではあるが、わたしにはすごく印象的であった。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蓮の花 | トップ | 屯田地区センター サークル... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む