屯田物語

 フォレスターとα6000が旅の仲間
 オンネトーの秋、青い空と紅葉が湖面に映えて美しい!

白毫寺の九尺藤

2017年05月11日 | 摂津の国の怪人


丹波に白毫寺という天台宗の古いお寺があり、そこに120mにも及ぶ藤棚があります。
「九尺藤」と呼ばれる花穂の長い藤で、流石に九尺に及びませんが、
これまで最も長いものでは180cmを記録したとのことです。

摂津国の怪人

宝塚のMさん、
丹波ではなく奈良の白毫寺に行ったことあります。
新薬師寺で国宝の十二神将立像を拝観したあとですが、白毫寺前の坂道は少々疲れました。
白毫寺は花の寺といわれるほど貴船菊がきれいなお寺です。
境内から興福寺五重塔の眺めのよさに感心したものでした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スマートリモコンで自撮り | トップ | おかあさん 旭川東高音楽部 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
見事な藤棚ですね (旭川のAO)
2017-05-12 07:41:32
摂津の怪人さんへ。 見事な藤棚ですね。多分多くの見物客が歓声をあげて見入っていることでしょ。私は奈良の春日神社に藤を見ようと訪ねましたが残念時期が早すぎたため観賞出来なかったのを思い出されます。
綺麗でしたよ! (摂津国の怪人)
2017-05-12 09:33:41
旭川のAOさん、こんにちは!

何時かは九尺藤の最盛期に見たいものと思っていましたが、今回初めて念願が叶いました。今まで4~5回訪れていますが、盛りには早かったり、遅すぎたりでタイミングを逃しておりました。ライトアップもされておりますが、カメラにうまくおさめる自信もなく、また夜の運転を避けるために昼間の見物にしました。

コメントを投稿

摂津の国の怪人」カテゴリの最新記事