屯田物語

 フォレスターとα6000が旅の仲間
 オンネトーの秋、青い空と紅葉が湖面に映えて美しい!

稗田野(ひえたの)神社

2017年07月13日 | 摂津の国の怪人


「古事記」の口伝で有名な「稗田阿礼」が、ここに住んでいたと伝承のあることから、祀られているとの由来があるようです。
延喜式にもその名がある古い神社だそうです。
まさか「古事記」編纂に係わった人物の名が出てくるとは、正に驚きです。

摂津国の怪人

宝塚のMさん、
「古事記」「日本書紀」といえば日本史を学ぶうえの源という位置づけですが、
稗田阿礼の神社にいく機会はなかなかありません。
なお、石碑が見やすいように画像を回転してみました。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 亀岡城下町の佇まい | トップ | 石狩灯台は化粧直し中 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
今朝は有難う! (摂津国の怪人)
2017-07-13 21:31:27
春さん、今晩は!

今朝は突然電話申し上げ失礼致しました。お蔭で問題解決出来ました。又、石碑の背景を逆にするなど、いろんな加工のテクニックがあるのですね。
石碑をレベルに・・ (春)
2017-07-13 23:19:25
摂津国の怪人さん、こんにちは!

お役に立ててよかったです。
石碑の背景を逆にしたのではなく、上からのアングルで撮った石碑を修整してレベルに直してみました。
写真が台形状になったのはそのためです。
そうだったのですか。 (摂津国の怪人)
2017-07-15 08:57:25
春さん、お早うございます!

石碑を水平に撮ったら碑文の下側が見えないと思い、上から撮りました。アングル角度修正されたということですね。良く分かりました。今日も暑くなりそうです。お気を付けて……。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む