屯田物語

 フォレスターとα6000が旅の仲間
 オンネトーの秋、青い空と紅葉が湖面に映えて美しい!

蓮の花

2017年06月14日 | 摂津の国の怪人


睡蓮か蓮かはよく分かりません。
観賞用の鉢植えですが、淡い色あいが何とも言えず、
如何にも梅雨時にふさわしい風情を醸し出しております。

摂津国の怪人

宝塚のMさん、
睡蓮は水面に咲いて、花は肉厚で小振りということです。
アヤメ、菖蒲、カキツバタ、その見分け方はいまだに分かりません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 石狩川河口 | トップ | 生きている喜び »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ハスの花 (けめ)
2017-06-14 20:36:25
「忍ばずにさく」というハスの花。
本当に花が咲くときは音がするのかしら?
睡蓮と蓮の違い (摂津国の怪人)
2017-06-14 21:20:43
春さん、今晩は!

確かに睡蓮は水面上か水面近くに咲きますね。モネの有名な絵「睡蓮」を思い出してみますと頷けますね。そういう意味では、これは「ハス」ということですね。
忍ぶれど・・ (春)
2017-06-14 23:50:09
けめさん、こんにちは!

>「忍ばずにさく」というハスの花・・
そんなロマンチックな名前があったのですね。
たとえ音はしなくても、恋していればこころのなかで聞こえるかもしれません。(^^;
見分けがつかない (春)
2017-06-14 23:59:50
摂津国の怪人さん、こんにちは!

ブログを始めたころは花のことを憶えようと本も買ったけれど、似た名前や形があって見分けつきません。
ネットで調べると便利だけど、すぐに忘れますね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む