屯田物語

 フォレスターとα6000が旅の仲間
 オンネトーの秋、青い空と紅葉が湖面に映えて美しい!

出でよ!未来の藤井四段

2017年07月01日 | 摂津の国の怪人


隣の市、川西市の賑やかな通りに面したところに、茶色の
ペンシルビルがあります。
上階の壁には「王将」の文字が嵌め込まれた将棋道場があります。
ビルの前と通るとチビッ子を眼にしますので、将来藤井四段が誕生しないものかと、期待しております。


宝塚のMさん、
森安秀光九段といえば、われわれオールドファンにとって懐かしい名前です。
明日、藤井聡太四段が30連勝をかけて佐々木勇気五段と対局がありますね。

我が家のベランダのプランターにある山椒の木に、今年もアゲハ蝶が卵を産み付けました。10日程前、さなぎが動きを止め、糸を吐き体を固定した時点で枝ごと室内に取り入れ羽化を待ってたところ、今日蝶となりました。
毎年山椒の木の葉がすっかり喰い尽くされ、坊主になってしまいますが、こうして命の誕生をみますとそれもまあ~いいか、という気分になります。

摂津国の怪人

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Twitterで北海道海岸線一周中... | トップ | Twitterで北海道海岸線一周中... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (多摩NTの住人)
2017-07-01 14:43:38
明日の対局が楽しみですね。私も今日は藤井四段の話題を記事にしました。
こんにちは! (春)
2017-07-02 12:35:21
多摩NTの住人さん、こんにちは!

貴ブログ拝見しました。
将棋はとくに興味があることなのですが、
さすがに面白い記事でしたね。
シロツメクサの詰将棋、一年かかっても解けそうもありません。(^^;

コメントを投稿

摂津の国の怪人」カテゴリの最新記事