屯田物語

 フォレスターとα6000が旅の仲間
 オンネトーの秋、青い空と紅葉が湖面に映えて美しい!

秩父事件の首謀者・井上伝蔵の句碑

2017年07月15日 | 日常




秩父事件とは農民の困窮を救うため秩父困民党を結成して武装蜂起した事件である。
その首魁として官憲から追われる身となった井上伝蔵は1886年北海道へ渡った。
名を伊藤房次郎と変えて、石狩郡樽川村に開拓農民として潜伏、新しく妻をめとって小間物店を始める。
俳号を「柳蛙」と名乗り、俳諧でも活躍した。

はまなすの丘の隣りが弁天町、ここに伝蔵の句碑がある。
暴徒として死刑になった同志を想って詠んだと思われる。
 俤(おもかげ)の眼にちらつくやたま祭り

死ぬ間際にはじめて秩父事件について語ったという。
井上伝蔵辞世の句 
 想いだすことみな悲し秋の暮

Twitterのフォロワー数369人
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 石狩灯台は化粧直し中 | トップ | 西勝君の新刊出版を祝う同期の会 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
句碑 (けめ)
2017-07-18 11:20:24
何度も石狩(ハマナスの丘)にはいってるのに、この句碑は知りませんでした、

そうですか、、、秩父事件の。。
昔は政治犯と言われる人がずいぶん名前を変えて北海道に渡った着たようですね。
十勝出身の有名漫画家さんの祖先もそうらしいです。
弁天町 (春)
2017-07-19 13:08:00
けめさん、こんにちは!

ハマナスの丘にいっても、弁天町なんてその気にならないと立ち寄らないですからね。
わたしも秩父事件の本を読んでから、井上伝蔵が石狩に身を潜めていたことを知りました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む