屯田物語

 フォレスターとα6000が旅の仲間
 オンネトーの秋、青い空と紅葉が湖面に映えて美しい!

石川啄木の歌碑 玉蜀黍の焼くるにほいよ

2016年11月05日 | 日常


石川啄木の歌碑

しんとして
幅廣き街の秋の夜の
玉蜀黍の焼くるにほいよ




ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヤギの呪いをといたシカゴ・... | トップ | アメリカ大統領選挙日が間近 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
啄木像 (けめ)
2016-11-05 15:12:58
気が付いていませんでした、
調べたら1981年に建てられたんですね
札幌を離れたのが1979年・・・

今度見に行ってみます。
祖父が釧路時代の啄木と交流が会ったと聞いています、
啄木碑 (春)
2016-11-06 14:38:37
けめさん、こんにちは!

1981年、旭川から東京へ転勤になった年です。
もっとも、啄木碑がいつつくられたか知りませんでしたが・・
釧路時代といえば、
”しらしらと氷かがやき千鳥なく釧路の海の冬の月かな”

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む