リベカの日記帳

ろごす腹話術研究会のメンバーで腹話術の依頼に応え、特に福祉施設でまた福祉事業などの会合等で実演を行っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

認知症患者さんと関わって

2017-06-28 15:10:32 | 日記

認知症を患っている人達をサポートする立場にあるスタッフの集まりが、月一度の割合で行われている。

これを主催するのは行政側・社会福祉協議会ではあるが、実際はスタッフのメンバーが動いているのが私達の町の

現状です。私はその一人として、スタッフ会議に出席し、検討に加わったいる。

スタッフさん達の日頃のご苦労を少しでも癒すべく、腹話術を用います。ある時は、有名な詩を、ある時は歌をと

腹話術人形=星ちゃんが大いに活躍してくれる。と同時に私の頭脳は活性化し、休むヒマもない。

昨日の事 徘徊をハイハイ 又 カイカイと言って、加えて2で割る、徘徊なり。と笑って、頭を使い、台本は大受けでした。

ジャンル:
びっくり
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 認知症でも 怖くない | トップ | 腹話術って »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事