My Favorites

好きなことがたくさんあると毎日の暮らしがちょっと幸せ。好きなこと、好きな人について語る気ままな日記です。chiharu 

第52回韓国語能力試験

2017年04月17日 | 語学

4月16日、韓国語能力試験を受けて来ました。
今回は5回目のTOPIKⅡ受験となります。
最初は、こんなに試験を続けて受けるつもりはなかったのですが
一つずつ級が上がるごとに、少しずつ欲が出たようです。
そして、何より勉強会などを通じて知り合った友人たちが、
常に上を目指して頑張っている姿を見て、刺激を受けているのが大きいですね。

去年の秋にようやく5級に合格したもの、次の6級までは多分まだまだ実力不足なので
今回の目標は、読解、リスニングの点数を少しずつ上げて5級に合格することです。
読解はいつも、最後まで読めないので、今回はなるべく最後まで読めるように
テンポを上げるというのも、目標でした。

さて、今回のの反省色々です。


★まず、電車の降りる駅をきちんと把握すること。
そして、スマフォや単語帳を見ていて乗り過ごさないように注意!
今回、横浜会場だったのですが、
阪東橋駅は各駅しか停まらないということを知らずに
急行に乗ったため、乗り過ごしてしまいました。
おまけに、引き返しながら、単語帳見てたら、
おバカなことにまた一つ乗り越してしまいまして
二度も引き返すというおバカさ。
だいぶ早めに出ていたので、間に合いましたがちょっと焦りました。

★関東学院の地獄の階段に注意 毎度のことなのだけれど・・・
体力をつけておかないと教室まで行くのに息切れがひどく、息が落ち着くまで時間がかかる!
(だから余裕を持って出かけたのに乗り過ごし~
校舎が高台にあるので、階段をたくさん登らなければならず、おまけに私の教室は5階。
本当におばちゃん泣かせの会場だわ。

★試験会場が3〜5階だったので休憩時間には2階のトイレにダッシュしたら空いていて良かった。
しかし、トイレの混み具合がひどかったようで、読解の試験は10分遅れで開始した。


★前回2回ともページめくりに失敗したので、今回はかなり慎重に「メクリッコ」と言う指先ゴムをにつけて望んだのだ!(笑)
親指につけるのがベストなのに、サイズをよく見ずにsを買ってしまったのでちょっとキツかった。(笑)
次回はLサイズを買うべし!やはり、めくりやすくて良かった。

★トイレが近いので当日はなるべく試験前のコーヒーを避けるべし。水がよい!


★듣기は今回、かなり聞きながらメモを取るようにしたけれど
やはり太字用のペンではうまくかけず何を書いているかよくわからなくなりイマイチだった。
家では細字用でメモしてそのままマークシートも細字で塗るという方法も試してみたけど
これも細字用では塗ると時間がかかってイマイチ。
でもメモを取るのはやはり良い気がした。
特に表やグラフ問題、天気、数字や日にちを扱う問題は、
一度聞いても覚えていられないのでメモしておくと答え選びに助かるし
もし、選択肢を選べないままに、次の問題に進んでしまった時も、後で考え直すことも一応できる。

けれどメモを取ることに一生懸命で、選択肢を選ぶ時間がなくなってしまうという時もあった。
2つほど、どうしても選択肢で迷っている間に、次の問題へ行ってしまい
듣기がすべて終わってから、もう一度戻って考えてマークした。
なので、ちょっと作文の時間を削ることになってしまったのが惜しかった。
やはり聞きながら選択肢を読むということができないと厳しいのかな?
間の12秒で全ての選択肢を読んで選ぶと言うことが、問題によっては難しい。


★作文は51から53を確実に点を取りたいと思ったが、
51番の本を返すのを「返す」と言う単語が思い浮かばず、
「渡す」と言う単語で代用しようとしたが전달하다にしてしまった!
これでは伝達する、になってしまうから、ちょっと違うよね。
後で考えて、전하다ならまだ良かったのかもしれないと思った。
それか、반납하다も浮かんだのだけれど、固いかな?と思ってやめてしまった。
でも、こっちの方がまだ点数もらえたかもね。
「돌려주다」が正解なんですよね。
こういう、基本的な単語がまだヒョッコリ抜けているんだなぁと反省。
52、53はまぁまぁできたような気がする。

54は「意思疎通の重要さ」についてだったが、あまりしっかり全体を構築する時間もなくて
とりあえず思いつきで書き始めたのと、時間不足で、文字数は答案の半分程度しか書けず
設問には2つまでしか答えられなかった。

作文では、なるべく使いたい言い回しをいくつか考えていた。
기 때문에とか、오히려とか、ㄹ줄 아는とか…
もっと色々、リストアップしてはいたのだけど,それほど使えなかったかな。
今回は作文に関しては本当にちょっとしか勉強しなかったので、大した点数は期待していない。
次回はもう少し対策を練って、文字数も、なんとか最後まで書けるようになれたらいいなと思う。


★読解は最初のほうはまぁまぁよかった気がするが、新聞見出し問題はわからない単語があって
迷い、時間ロスしてしまった問題が2つくらいあったような。

後半の問題になると、どうしても一度読みでは理解しきれず
読み直しをしてしまうことが多くて、目標の時間よりだいぶオーバーしてしまった。
そのため、高級問題に回す時間がだいぶ少なくなってしまった。

長文の42、43.は後回しにして44以降をなんとか諦めずに最後までやろう!と思ったが
時間が迫ってくる焦りも手伝い、文章が頭にあまり入って来なくなる。
特に最後の2つの文章は読むというより見るという感じになり、カンで答えるしかなかったし
42,43も時間切れでマークシートの塗り絵となってしまった。
友人から今年の42、43はさほど難しい文章ではなかったと聞いて、読めなかったのを悔しく思う。

前回までは、最後まで読むぞ!というよりも40番くらいまでを確実にという気持ちが強かった。
でも、そろそろマークシートの塗り絵も卒業したいよなぁと思ってきて
今回はせめて42 43以外は何とか読む気持ちでいたけれど・・・
やはり過去問をやるのとは違って、本番の試験では、そうもいかなかった。
前半の問題を確実に点を取りたいと言う気持ちもやはり強いし時間がかかった。
でも、最後まで多少のゆとりを持って読めるくらいにならないと90点以上取るのは無理だ。
90点を取るには、5問しかミスできないんだもんなぁ。厳しいなぁ。
私の憧れは 聴き取りと読解が90点以上になること~。
6級合格の友人たちが公表してくれる結果を見ると、
みんな90点台でキラキラ輝いて見えて
かっこいいんだも~ん!

そう、私は、듣기90点 읽기90点という絵面に憧れているんです。(笑) 
実現するのはいつのことやら・・・ですが。


読むのが遅いのはやはり語彙不足だと思う。
一度読んだだけでは、スッと理解できずにもう一度読むとそうか!とわかる問題もあったので、
一度で内容をつかめることも大事だと思う。
できる人は、2度読みせずに進むのが原則みたいだものね。

選択肢の選び方は、消去法ももっと上手く使うべきだと思った。
絶対違うものをどんどん消していくのが、選択肢のスピードアップにもいいかも。
ちょっとひっかけ問題っぽい時もあるし・・・。

長くなりましたが、反省はこんなところです。

問題用紙を持って帰って来れないので、
どの問題が正解でどの問題が間違ったのかを確認できないのがとても辛いですよね。

試験の後は1人でトボトボと帰ることがほとんどだったけれども
今回は横浜で受けた友人たちを誘ってお疲れ様のお茶会をしました。


久しぶりに甘いスイーツを食べて疲れを癒し…楽しい一時でした。

夜にTwitterを通して、こんな問題、あんな問題もあったよね?
あ~あったあった!あれの答え何だったの?とか、そんなのあった?記憶にない・・・とか
わちゃわちゃ話して盛り上がった妙に楽しいトピック祭りな夜でした。

とにかく、終わって嬉しいです!

韓国語の勉強は続けるけれど、しばらくは試験と関係ないことをした~い!


楽しみながら、友人たちに刺激をもらいながら、また頑張っていきたいと思います。






当日の午前中は、家にいても落ち着かないので、
早めに家を出て、カフェで最後の復習をしました。




私が使った教材はほとんど日本で発売しているテキスト。
やはり、日本語訳があるのはありがたいから・・・。
上の2冊は問題数が多いので、とーっても時間がかかるけれど、
苦手項目の克服には役立つかなぁと思います。
今後は、韓国の教材も使ってみたいな。



あとは、過去問題5年分。
TOPIKのペンも5本たまった。
このペン、結構気に入って、よく使ってます。
楽譜を書くのにも、細、太の両方あって便利なんです。♪ ♬♬ ♪

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オペラ座の怪人を鑑賞 横浜... | トップ | 「ノートルダムの鐘」観劇 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む