広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

BUBKA。

2014-02-21 19:48:50 | 日記
梅雨が明け、本格的な夏がやってきました。
熱中症になる人が増えるこの季節、適度な水分補給だけではなく、頭皮のケアにも注意を払う必要があります。
何故なら、夏にしっかり頭皮をケアしておくと、秋に抜け毛が増えるのを防ぎ、・薄毛が進行するのを防ぐ可能性が高くなるからです。
夏は紫外線の量が多く、冬の約6倍もあると言われています。
紫外線による頭皮のダメージが大きい分、その日のうちにしっかりケアしておく事が大切なのです。
頭皮が酸化するのを防ぐ為にも、BUBKAを使う事をお勧めします。
BUBKAは、天然成分が由来のエキスが配合されていて、モニターの殆どが満足しているという育毛剤です。
空気が乾燥し、頭皮まで傷んでしまいかねないこの季節、それらを潤してくれるだけではなく、若い頃のようなボリュームのある髪の毛を取り戻せるかもしれないと期待されています。
頭皮のケア、育毛という二つの目的を達する以外、ダメージを与えかねないものは一切配合されていませんので、安心して利用出来ます。
また無添加・無香料なので、周囲に育毛剤を使っていると気付かれる可能性は、殆どありません。
本格アミノ酸の、スカルプシャンプーを同時並行で使う事により、より良い発毛環境を取り戻す事が出来るでしょう。

高品質なもの、効果が期待出来るものに関しては、2chでもよく取り上げられます。
2ch内において、薄毛に悩む男性が多く集うスレッドで、話題になるほどですからその効果を期待し、まずは試してみる事をお勧めします。

この記事をはてなブックマークに追加

BUBKAのシャンプー

2014-02-16 19:33:37 | 日記
髪の薄毛が気になり、BUBKAを使い始めてから、本当に調子がいいです。
これまでは何を使っても実感がなかったのが、今回は確実に効果が出ている気がします。

そんなBUBKAで、スカルプケアシャンプーも発売されているので、これは利用しない手はないと思い、購入してみました。
入っている成分をみただけでも、何だか他のシャンプーとは違います。
ホップやセンブリ、ローズマリー葉にレモングラス、ドクダミやアロエベラ葉、ビルベリー葉にユズ果実エキスなど、植物性のエキスが配合されています。
いずれも国内外で古くから、髪にいいとか、伝統的なハーブ、薬草として使われてきたものばかりです。
これに加えて、ヒアルロン酸やアルギニン、アスパラギン酸など、最近話題の美容成分や精力アップの成分が配合されているほか、アラニン、バリン、イソロイシンなどの12種類の必須アミノ酸がたっぷり入っているのです。
アミノ酸は髪の汚れを優しく洗い流す働きがあり、必要な頭皮や髪の潤いを奪わずに洗浄することが可能です。
さらに、アミノ酸には傷んだ髪を補修する働きも期待できるので、髪が育ちやすい環境を整えつつ、既に生えている髪はハリやコシを取り戻すんです。
そのせいか、洗った後もきしんだり、パサついたりせず、ツヤツヤ、サラサラに仕上がります。
ハッカ油も入っているので、洗い上がりが爽快なのも嬉しいです。

この記事をはてなブックマークに追加

BUBKAを使い続けていたら、髪の手触りが変わってきました!

2014-02-10 14:03:45 | 日記
2chを見ながら髪の毛を触るクセがついたことに気がつきました。

今までは触ると抜けそうで怖くて触れなかったんですよ。
それがいつの間にか、気がつくと髪をサワサワといじっている自分がいます。
なんだか手触りが違うんですよね、髪の。

使い始める前は、1本1本がフニャフニャって言うか、全く士気がないって言うか、ほんとに触られたショックで抜け落ちてしまいそうなくらい、生気が感じられませんでした。
でも、BUBKAを定期的に使うようになってからの髪の毛は、根っこからしっかり生えてる!って感じられます。
そういえば、受験勉強しながら髪の毛触ってたかも…。
若い頃のクセが戻ってきたんですかね。
その頃の髪のハリも、クセと一緒に戻ってきたように感じています。

2chを見ながら懐かしい手触りを感じて、ニヤニヤしている毎日です。

この記事をはてなブックマークに追加

薄毛に悩む男性にも評価が高い、BUBKAスカルプケアシャンプーとは。

2014-02-04 15:49:10 | 日記
薄毛に悩む世の男性にとって、いかに頭皮の状態を常に良好に保ち続けるかというのは、状況改善のための一番の近道であるのは言うまでもありません。

現在巷に出回っている多くの薄毛対策用シャンプーというのは、とかく洗浄力の強さをアピールした物が多くなっていますが、汚れを強力に落とすシャンプーというのは、同時に頭皮の潤いも奪ってしまう傾向があります。
そういったシャンプーを使い続けた事によって頭皮が乾燥してしまい、かえって髪の毛が生えてくる量が減ってしまった、という声は比較的よく耳にします。
その点、BUBKAスカルプケアシャンプーは画期的なアミノ酸系洗浄成分のシャンプーとなっており、適度な洗浄力で頭皮の汚れはキッチリと落としながら、同時に潤いはしっかり守ってくれるというスグレモノです。
あとこのシャンプーに含まれているアミノ酸は、ダメージを受けた髪を補修する働きもありますので、ある程度長期間使い続ければ自ずとパサパサだった髪を、潤いのあるサラサラヘアに導いてくれます。
また薄毛対策用シャンプーというのは、価格が相当高い物も少なくないのが現状ですが、このBUBKAスカルプケアシャンプーは税込3,990円とそう高くなく、また1本で大体1ヶ月から2ヶ月使い続けられるタップリ容量なので、経済性の高さも好評だったりします。

この記事をはてなブックマークに追加

ヘアカラー剤は頭皮を傷める!?

2014-01-28 11:33:02 | 日記
薄毛に悩み続けて数ヶ月。
今は育毛剤のBUBKAを愛用しています。
BUBKAを使ってから少しずつ効果が現れている気がします。
そして一刻も早く薄毛とお別れしたいものです。

さて僕は以前毎月髪の毛を染めていました。
って今は染めていませんが。カラー剤は頭皮を傷めると思ったから。
ヘアカラーすると薄毛の部分も目立たなくなるけど、やはり頭皮や毛髪に負担がかかります。ヘアカラーそのものが薄毛の原因というわけではないですが、仕組みを知らないと薄毛になる可能性が一気に高まります。ヘアカラーは色素薬剤を毛髪に塗布して、髪の毛の色を変えることです。方法によって、色素薬剤を内部浸透するものと外部に塗布するものがあります。色素薬剤は毛髪にダメージは与えますが、毛幹部は発毛機能とは関連性がありませんので、実はそれ自体が脱毛を招く原因にはなりません。問題なのは、薬剤が頭皮に付着した場合です。
薬剤が頭皮に付着するとダメージを与え炎症を起こす可能性があります。また毛穴に詰まれば脱毛の原因となり、いずれにしても薄毛になる可能性が高くなります。色素薬剤を頭皮に全く付着させずにヘアカラーを行うのは非常に難しいです。特に自分でヘアカラーをする場合では、まず不可能といえるでしょう。
また薄毛とは少し違いますが、ヘアカラーによって毛髪が傷むと切れ毛が起こりやすくなります。髪の毛の本数は変わらないのですが、全体の毛量は減りますので、薄毛という印象が強くなります。


この記事をはてなブックマークに追加